| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今年も恒例行事2016

またしても年1回の更新になってしまった。
というか、今更このネタ以外で更新する気もさらさらないのだがwww
ログインパスワードもすっかり遠い記憶になってしまい、四苦八苦してやっと入れた次第です。



IMG_7683.jpg
<例年と変わらない画像に見えますが、今年のですwww>
IMG_7691.jpg

ふたりのスケージュールの都合で、今年のクリスマス・マーケットは23日(祝)の昼間に行くことにしたんだけど、そりゃもうびっくりな人出だった。
若いカップルやベビーカーを押したファミリー連れがわんさか集まってて、グリューワイン1杯買うにも大行列という…(> <)。
やっぱり休日も昼間だとこうなのねー(- -#)。
オバサン二人連れには些かしんどい雰囲気が漂ってたので、グリューワインは諦めて、恒例のガラス細工を買ったら早々に撤収することにした。
そのガラス細工さえも大変な人だかりだったのだが、こればかりは外せないから頑張った。

今年のこの日は例年になく暖かで、人いきれもあって若干汗ばむほど。
毎年のこのクリスマス・マーケットでは、寒さで冷たくなった私の手を恋人の温かい手が包み込んでくれる♪…っていうのが恒例だったのに、今年はそんなロマンチックさの欠片もなく、まるでどこぞのバーゲン会場かのように、買うもの買ったらそそくさと撤収でした(- -;)。




早々の撤収を決めたので、残念ながら夜景はございません。
その代わり、建物内のオブジェを撮ってきた。

IMG_7684.jpg

IMG_7690.jpg

IMG_7688.jpg

IMG_7687.jpg

この雪ダルマの前では子供連れのファミリー軍団がひっきりなしに撮影会をしてたんだけど、一瞬のスキを突いて誰もいない瞬間を収めた会心の一枚なのだ(笑)。




クリスマス・マーケットを後にして移動したのは恋人の地元。
最近できたお洒落なアジアン・バーへ連れってってもらった。
私としては昔よく入った赤ちょうちんでも全然よかったんだけど(^^;)、ホンの少しでもロマンチックな雰囲気を味合わせてくれた恋人に感謝(^^)。

IMG_7715.jpg




今年はどんな一年だったかなあ?

一昨年の記事で、

> 来年はもう少し恋人の時間に余裕ができそうな感じではあるので、「サラッと」から若干濃ゅ~い一年になればいいなあと思っております(笑)。

と書いていて、去年はどうかというと、

> 果たして今年はどうだったかというと…ん~、去年以上に「サラッと」してたかもしれないなあ。
> 来年こそ「も少し濃ゅ~い一年」にするんだ(笑)!


と書いていて、じゃ果たして今年は?というと、そ~ね~…ま、サラッとはしてたけど、去年よりはマシかな(^^;)?

私の抱えてた諸事情はお盆明けぐらいには一旦片が付いたし、あとは時間をかけて淡々とこなしていけばいいだけになった。
恋人のほうも、まあ相変わらず忙しいには忙しいのだが、週末のジム通いで結構顔を見ることはできたしね。
尤も、お互いジム通いはしていても殆どが別行動で、会話するのは最後のサウナと、たまに行くその後の餃子&ビールくらいなんだけど。
それでも、毎週末は無理としても、わざわざスケジュールのすり合わせをすることなく定期的にそこに行けば逢えるというのは、ホントに気分的にラクで助かってます。
これは多分恋人も同じ思いじゃないかな?

そうすると、日々の出来事は「今度逢ったときに話せばいいや」って思うことが増えて、以前みたいにメールやSNSでいちいちやれ「こんなことがあった」だの「あんなことが起きた」だのを報告することが極端に減った。
今は、ほぼ朝の「おはよう」と夜の「おやすみ」で終わりwww
そんな、一種の気分的な安心感が今年の大きな収穫かなあ。

そうそう、今年は山には行けなかったけど、アウトドア好きな仲間のお陰で、ふたり揃ってキャンプにも連れってってもらった(^^)。
人生初のテント泊を体験したのもいい思い出♪

あとは…なんだかあっという間に一年が経っちゃったって感じがする。
相変わらず、時間のスキマを埋めてくれたのは親戚連とタマだけどwww
いやっ、ホントに、歳と共に時間の流れって速くなってるわー、オソロシヤ(笑)。
来年のクリスマスまでも、きっと早いんだろうなあ♪

≫ Read More

スポンサーサイト

| ふたりのこと | 19:54 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今年も恒例行事2015

今年もとうとう大晦日。
今更「クリスマス2015」なんてタイトルは恥ずかしくて付けられないから「恒例行事」です(^^;)。

もうすっかり年1回のこの記事のためだけに残してあるような芋ではありますが、ま、自己満足ってことで(笑)。




ちゃんと行って来ましたよ、クリスマスマーケット♪

IMG_4209.jpg

IMG_4229.jpg

IMG_4218.jpg

IMG_4234.jpg

ここまでの写真は去年となんら変わり映えがしませんが(^^;)。
それでも、変わり映えしないことこそが「恒例行事」だからいいのです♪
(ビミョーに1枚目だけ空が明るいのが、違いといえば違いかな~。
今年は明るいうちに出向くことが出来たので♪
まあ、その分撤収も早かったのですが(^^;)、夜景の撮れる時間まではネバることができました)


ちょっとだけ違う写真↓もありますw

IMG_4239.jpg

IMG_4240.jpg




去年の記事で、

> 来年はもう少し恋人の時間に余裕ができそうな感じではあるので、「サラッと」から若干濃ゅ~い一年になればいいなあと思っております(笑)。

って書いたんだけど、果たして今年はどうだったかというと…ん~、去年以上に「サラッと」してたかもしれないなあ。
確かに、恋人のほうは去年ほどの忙しなさはなくなって、今年前半はワリとふたりで落ち着いた感じで過ごすことが出来たと思う(ただ、「落ち着いた」感であって「濃ゅ~い」感とはまたちょっと違うんだけどねw)
二人でジムに通うようになって、筋トレしたりホットヨガしたり水泳したり(^^)。

ところが、後半になって(諸事情で)私のほうがまったく余裕のない状況になってしまって…(><)。
まあ自分ではどうしようもないことなんで、やるべきことを淡々とこなすしかないんだけど、そのやるべきことの煩雑さと、なかなか先が見えない状況とに、正直参った。
裏アカのツイッターで、恋人に愚痴をこぼす日々が続いてたような気がするなあ。
そういう私の愚痴にも文句一つ言わず付き合ってくれた恋人には、ホントに感謝しかありません(^^;)。

身にも心にも余裕がないときって、まるで周りのことが見えなくなる。
恋人に対しても、如何に今の自分が「オーマイガーッ!」なのかを一方的に愚痴るだけで、恋人が優しい言葉を返してくれてても、明るい話題で気分転換してくれようとしてても、なかなか反応することができなかった(- -;)。
で、思った、恋人はどうだったろう?って。

去年なかなかな忙しさだった恋人だけど、そんな中でもあの人はちゃーんと私のことを気にかけてくれてた…よねえ?
あれこれやり繰りして、時間作ってくれてた…じゃない?
あれ?あれれ?アタシって…(^^;)。

結局今年も恋人の心の大きさに救われた一年だった…ということです(笑)。




諸事情に関しては、現状できることは終わって、今はレスポンス待ち中ってところ。
年明けたらもう少し目鼻がつくだろうけど、春先までには片がつくと見込んでます。
そしたら、来年こそ「も少し濃ゅ~い一年」にするんだ(笑)!

≫ Read More

| ふたりのこと | 15:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クリスマス 2014

某所では、もう4日も前に「詳細はあっちに書く!」って宣言しておきながら、すっかり時間が経ってしまった。
久々の「芋」だからか、なかなか筆(というか指だけど^^;)が進まないんだもん。

まあこの芋も過疎って久しいけど(^^;)、やっぱりこれだけは書き残しておかないと!




今年もふたりで行って来ました、六本木ヒルズのクリスマスマーケット。
大事な大事なふたりの恒例行事だもの、これだけは外せませんw

IMG_7907.jpg
屋根の上のトナカイさんも去年と変わらず。

IMG_7900.jpg
休日だったせいか、リーマンOL色はそんなに濃くなくて、学生カップルやファミリーが多かったかな。

IMG_7904.jpg
ここに来る前にお腹いっぱいになってしまってたので、今年は温かいグリューワインだけをゆっくり頂く。

IMG_7910.jpg
光る雪だるま。

IMG_7915.jpg

そうそう!
今年もこの色の変わり目に立ち会えたのだ、ラッキー(^^)!

IMG_7921.jpg

ってな感じで、写真だけ見てると去年の記事とナニも変わらないような気がするけど(^^;)、それでいいのです。
毎年変わり映えはしないんだけど、それでも楽しみにしている恒例行事。
そういうのをふたりで大切にしているってこと自体がうれしいのだから(^^)。




今年を振り返ってみると、「サラっとした一年」でした(笑)。
だって、恋人に逢った回数なんてホントに両手で足りるくらいだし、そのうち“ふたりっきり”のデートなんてホントに数えるくらいしかしてないし、当然ながら山になんて一度も一緒に行けてないし(; ;)。
(ついでに言えば、お部屋デートなんてたったの●回って感じだし~^^;)

まあ今年は仕事や家庭の事情で、恋人がなかなか忙しかったからね。
そのことは既に去年から予測がついていたことなので、今更文句を言うことなんてこれっぽっちもありません。
ただ、こうして一年ぶりにふたりのことを書こうとすると、ついつい「去年はどんなこと書いてたんだっけな?」とか、「一昨年は?」とかって過去記事を読み返しちゃうんだけど、やっぱり年々思ってることが変わってきてるのが自分でも面白くて。
それなりにふたりで時間を重ねてきて、「もういちいち言わなくても分かってるよね?」的な関係っていうの?
お互いに「放っとかれても、ま、まあ大丈夫だよね^^;?」的なwww
そんなのが形成されてきたんだな~、ってつくづく思うのです。
そういう意味での「サラッとした一年」(笑)。
去年は「地に足が着いて来た感がある」なんて書いてたから、やっぱり土台がしっかりしてきたってことなんでしょう。
ちょっとやそっとじゃ揺るがない(笑)。

もちろん、恋人との逢えない時間がサミシクナイはずはなく(それは恋人も同じだと思ってるんだけど)、私の場合はそこを埋めてくれるのがタマ(と親戚連www)の存在であったワケで(恋人の場合は忙しさだったのかな?)
タマ(と親戚連www)にはホントに感謝々々(笑)。
(そんなタマにご褒美をあげたいところだけど、いまだ食餌療法中につきそれはNG^^;)
IMG_1155.jpg IMG_1147.jpg
最近のタマはこんな感じ~♪

来年はもう少し恋人の時間に余裕ができそうな感じではあるので、「サラッと」から若干濃ゅ~い一年になればいいなあと思っております(笑)。

≫ Read More

| ふたりのこと | 20:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クリスマス 2013

10月、11月と立て続けに楽しい「相撲部合宿」があったんだけど、スキマライターとしておこぼれ記事を書くつもりが、とうとう師走ですわw

「相撲部合宿」については、ぜんじーとか清兄とかのを参照していただくとして(^^;)、今年のうちにこれだけは書いておかねば。
というのも、これは恋人と私にとっての大事な恒例行事だから。
ふたりの恒例行事はいくつかあるけど、これは他のに比べて大きな意味を持つから。




先週、恋人と六本木ヒルズのクリスマス・マーケットに行って来た。
ふたりで行くのはこれで4回目。
IMG_6611.jpg

IMG_6604.jpg

これがなんで大きな意味を持つのかはもう去年書いたのでここでは省くけど、「今年も来れてよかった」っていう思いは去年と変わらない。

IMG_6607.jpg

IMG_6608.jpg
いつもはここで軽~く飲んで次へ行っちゃうんだけど、今年は次の店をワインバーと決めていたので、珍しくがっつり食べてみた。
ハンブルグステーキとチーズかけ放題のジャーマンポテト、大きめのプレッツェルとたっぷりのザワークラウト。
飲み物は当然グリューワイン。
オープンエアで寒いけど、クリスマスムードを楽しむためには我慢、我慢ですwww




けやき坂通りのほうへ行ってみたら、イルミネーションが真っ赤でびっくり!
まるでライトアップされた紅葉のようで、ものすごくキレイ。
IMG_6614.jpg

こんな色は今まで見たことがなかったから、今年はこういうデザインにしたのかと思ったら、一瞬にして色が変わってまたびっくり!
IMG_6616.jpg

どうやら時間帯で色を変えてるみたい。
しばらく待ったけど赤色には戻らなかったので、貴重な変わり目に遭遇できたらしい。




そのあと毛利庭園を抜けてたら恋人が突然言った、「何コレ?田んぼ?」。
IMG_6623.jpg

いやいやいや、田んぼじゃないってば(笑)。
なんで毛利庭園の中に田んぼがあるのよ?
池の中に敷かれたイルミネーションです。
まったく、恋人のこういうところが面白くて好きwww




六本木から「オヤジの街」新橋へ移動して、恋人の知ってるワインバーへ。
焼き鳥の煙と千鳥足のオヤジたちをかき分けて路地を行った先に、狭いけど小洒落たワインバーが。

一杯目、恋人は「赤のウサギ」、私は「白のウサギ」を頼んだ。
IMG_6625.jpg

恋人はこのあとも赤を2~3度お代りしてたけど、私はめっきり弱くなったので、白をもう1杯とあとお冷。
毎晩飲んだくれてた日々が懐かしい(笑)。




例年だとこの時期超多忙でなかなか時間の取れない恋人なんだけど、今年はいつもより多少の余裕があるみたい。
このクリスマスマーケットも私が「行きたい」と言ったとき、「大丈夫、行けると思うよ」と返事をくれて、そのせいなのか、去年みたいに「なにがなんでも行かねばならぬ!」的な焦りはなくて(笑)、私にしては落ち着いたデートになった気がする。

「節目」であることには変わりないんだけど、去年は高いハードルを“飛び超えた”ように感じたのが、今年はふたりで一つの橋を“歩いて渡った”ような気がする。
地に足が着くというのか…そんな感じ。

もちろん、行かれなかった3年前のことを『あのときはなんで来れなかったんだっけ?』って笑い話にするにはまだまだ早いけど、意気込まなくても当たり前になりつつあるんだなあということは実感。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ランキング参加中 ご協力ありがとうございます↑

≫ Read More

| ふたりのこと | 19:09 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

やっぱりオヤジ系が落ち着くのです

小田原デートのあと、軽~くランチデートを一度した。
たまたま恋人の仕事場近くに用があったのと、前日にL友から預かった品(駅伝部のごほうび=某センセのお手製ケーキ♪)を届けたかったのとで、無理やり呼び出した。
ま、その辺りは“こじつけ”で、本音は私が逢いたかったから、に過ぎないんだけど。

そんなことは恋人もとっくにお見通しだろうし、内心「しょうがないねえ(^^;)」とも思っていたんだろうけど、「(忙しくて)暫く寂しい思いをさせてしまった」っていう負い目がまだあるようで、時間をやり繰りしてくれた。
弱みにつけ込んじゃったかしら(^^;)?

「今度はちゃんとデートしようね」と申し訳なさそうに言う恋人を見ていると、自分が如何にワガママで子どもか、とも思うけど…反省(^^;)。




で、先日やっと“デートらしいデート”。

代休(といっても仕事は待ってくれず半休)の恋人とは山グッズ屋さん(「登山用品店」なんて言い方は堅すぎる気がするのでw)で待ち合わせした。
「『ひと月ひと山』はどこへ行っちゃったんだ?」というくらい山から離れていたこの半年だけど、そろそろ登山部も復活しないとね。
今年はちょっと高い山に挑戦しようって話もあって、恋人の心はもうすっかり夏山登山へ傾いている(私はちょっとビビっている^^;)

趣味の道具を見ているときって、ホントに楽しい。
あれやこれや物色しながら、「あーでもない、こーでもない」と言いながら、この夏の山に心を馳せていると、あっという間に時間が経ってしまう。

いけない、いけない、今日は他にも行くところがあるのよ!




恋人オススメの地中海料理店へ向かった。
ここは以前、恋人の誕生日祝いで行ったことがある(そのときは西麻布にあった)

IMG_5050.jpg
恋人の好物、ガルバンゾー(ひよこ豆)のディップ

IMG_5052.jpg
真鯛のローズマリー・ロースト

IMG_5054.jpg
マグロの香草焼きトンナート(ツナソース)

実は、3月に私が初のランニング大会(駅伝じゃなくてソロ)に挑戦したんだけど、恋人は前々から「もし予想タイムを切ったら、ここでお祝いを」と考えていてくれたらしい。
今やすっかり私の『オイデ監督』となっている恋人(高橋尚子に対する小出監督のようにいろいろ指導してくれるから。そしてゴールで「ここまでおいで~」と待っててくれるからw)
そのオイデ監督のお蔭でいい結果が残せたので、白ワインで乾杯。
IMG_5051.jpg

どの料理も絶品で、特にトンナートは初めてだけど、今まで知らなかったことが悔やまれる美味しさだった。
但し、どれにもオリーブの実が添えられている、地中海料理なんだから当然といえば当然ね。
私は苦手なので全部恋人に担当してもらったけど、そんなことも3年前と変わらない(笑)。




ランチのあとは映画。
恋人が「これ観たいのね」というので『カルテット』を観に行った。
ダスティン・ホフマンの監督デビュー作だそうだ。
カルテット

イギリスにある老人ホーム、ここにいるのはリタイアした音楽家ばかり。
ホーム存続のため、この“元”音楽家たちがオペラコンサートを開催することになるが、かつて「名カルテット」と謳われた4人には確執があって、果たして無事コンサートは開けるのか?
…ってな話。

コメディタッチでクスクスといった笑いはあるけれど、華やかだったピークを過ぎてもなお残りの人生を豊かに生きようとする彼らには勇気をもらったなー。
全編に流れるキレイな音楽も心地よくて、一瞬夢に誘われてしまったけど(笑)。
うん、いい映画でした。




映画を観終わって出てきてもまだ明るい、ホントに陽が延びたなあと思う。
「まだ一杯くらいいいよ」という恋人について歩いて行くと、また山グッズ屋さんに入ってった、アレ?アレレ~(^^;)?
まっいっか、山グッズ見てるときの恋人はそりゃもうウキウキ楽しそうなんだもん、もちろん私もだけど(笑)。

店員さんにいろいろ教わりながら靴の試し履きをして(私はさっきのお店でもしたけど^^;)、でもまだ買わないw
今年の夏山は難敵だから、靴も慎重に選ばねば。




外は暗くなっていたけど、「まだ平気」というのでお気に入りの焼き鳥屋へ向かった。
前回とまったく同じ席に案内されて笑っちゃったけど、あのときは…そうそう、年明け初デートだったんだ。
〆に頼んだ親子丼がボリュームたっぷりでギブアップだったことを思い出した。
「『これ、飲み屋の〆じゃないよ~』なんて言ったんだよね(笑)」と、恋人も思い出したらしい。

この日は2杯ずつ飲んで〆はパス、1時間ほどで店を出たけど、久しぶりのビールが美味しかった。
ちょっと肌寒いくらいだったのに、一口飲んで、思わず「プハ~!」と言ってしまった(笑)。




ある日のデートを綴ってみたけど、こうして見ると、昼間は若者ぶって山グッズやら小洒落たレストランやら映画やら行ってるクセに、結局、最後の最後はやっぱりオヤジ系に辿り着くのね、私たちって(笑)。

まあ、それがいちばん落ち着くのだから仕方ない。
そういうところで価値観が同じなことに、つくづくありがたみを感じる。
焼き鳥&ビールが「この人でよかったわ」と思い出すカギなのです(笑)。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ランキング参加中 ご協力ありがとうございます↑

| ふたりのこと | 18:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。