| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

年の最後に…

さて大晦日。

更新頻度のめっきり落ちたこの芋ブログだけど、書きかけの記事はいくつかある。
多少鮮度は落ちるとしても別に急ぐことではないので、このまま年を越すのも別に気にはならないけど、なんとなくこれだけは今年のうちに載せておこうかな。

12月某日、某所で見た富士山。

IMG_4339.jpg

IMG_4359.jpg

IMG_4372.jpg

これまで何度もこの場所を訪れているけど、こんなにキレイな富士山を見れたことはほんの僅かしかない。
しかも、いつもは何かしらの遊び目的だけど、このときはただただ「富士山を見る」目的で行ったのだ。
ここまで見事に晴れ渡るとは思ってもいなかったから、期待以上の光景にこっちが驚くばかりだった。

実はその少し前に一度チャレンジしたんだけど、大雨に遭って果たせないでいた。
だからこのときはそのリベンジ、どうしても晴れて欲しかった。
「念ずれば通ず」ってあるんだね。




肉眼で見ると、富士山には本当に圧倒される。
その感動には及ばないけど、この画像を見てときどきパワーチャージしよう!

 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ランキング参加中 ご協力ありがとうございます↑

≫ Read More

スポンサーサイト

| 私のお気に入り | 22:26 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新作発表

この夏「水ようかん作り」に嵌って以来、L友たちと集まるときは必ずと言っていいほど手作りのそれを押し付けてきた、ワハハ。
なんだかんだ言って、月2~3回くらいは作ってたことになるかな?

はじめは高くて手が出なかった本馬毛の裏ごし器も「ええい!」と思い切って買っちゃったし、専用の流し缶も取り揃えたし、下に敷く桜葉の塩漬けを入手できるお店も探し当てた。
そうそう、何事も形から入るのがエモ流だから。

とは言ってもプロじゃない、所詮素人。
「よっしゃー!」と自信満々の出来のときもあれば、「うーんイマイチ…」という情けない出来のときもあった。
どっちにしても無理やり押し付けられた被害者の皆さん、ゴメンナサイ(笑)。




大抵の人は水ようかんを「夏のお菓子」と思うだろうが、ところがどっこい。
以前にも書いたけど、和菓子の銘店・仙太郎じゃ冬季限定の水ようかんを出してるし、福井県民に言わせると「福井の冬と言えば、こたつで水ようかんが定番」なのだそうだ。

だから、この冬も水ようかんを作り続けますっ!



…と思っていたのだが、流石に月3も作ってると飽きてきた(^^;)。
というワケで、今回は別のあんこモノにチャレンジ!

「わらびもち」を作ってみました。
IMG_4334.jpg

中には当然「こしあん」が、そして「抹茶きなこ」がけ。
色が黒いのは「本わらび粉」を使っているから。
IMG_4333.jpg

まだ第一作目なので「大満足」という出来ではなかったけど、回数を重ねれば何とかなりそうな予感がする。
ただ、水ようかんより数段手間がかかるので、次は気が向いたときかな~(^^;)。




先週末もL友6人で集まる機会があったので、新作のこれを持って行った。
(今回も押し付けられたみなさんゴメンナサイw)
みんな美味しいと言ってくれたけど、内心「この人いったいどこ目指してるのw?」って思ったかも(笑)。
まあ私としては、ただただ美味しい「こしあん」が食べたいだけなんですけどね。




あんこ作りに嵌ったのは、お酒をほとんど飲まなくなったせいもあるみたい。
飲まないときに甘いものを欲しがる傾向は前にもあった、なんとなく口寂しいのよ(^^;)。

4月の駅伝大会の10日くらい前からお酒をやめた、案外苦もなくやめられたのが自分でも意外だったけど。
そしたら5月にきんちゃんが倒れて、そのまま願掛けのつもりで断酒を続けた。
8月の退院までは本当に一滴も口にしなかったけど、その頃にはすっかり「飲まなくても平気なカラダ」に慣れちゃったので、今でもほとんど飲まない生活が続いている。

「あんなに毎晩々々飲んでた人がねえ…」と恋人は言うが、実は焼酎からあんこへ心変わりしただけのこと。
もし今「あんこ断ちしなさい」と言われたら…うーん、そのほうが難しいかもしれない(笑)。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ランキング参加中 ご協力ありがとうございます↑

| 私のお気に入り | 20:56 | comments:13 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私のお気に入り その6

マジでブログ名を変えなきゃならないかなあ、『あんこはやっぱりこしあんでしょう』に(笑)。
体調はほぼ戻ったが、減酒・減煙はそのまま続いている。
shinちゃんとチャット中にそのことを伝えたら、「本調子じゃね~証拠だよねw」と言われた。ん?どういう意味だよ!?
ただ無理してセーブしているつもりもなく、そこは気持ちの赴くままにしていて、完全に断ったワケじゃないから「禁」じゃなくて「減」。

最近、近所のスーパーで今まで立ち入ったことのないエリアに初めて足を踏み入れた、和菓子コーナーだ。
まさか自ら甘い物を探そうとするなんて思いもよらなかった、確かに本調子じゃないみたい。
カイロの帰りに毎度寄るデパ地下でも、銘菓コーナーを物色するようになった。
今ではそれが週イチのお楽しみと化している。
昨日はコレ、仙太郎の『冬に水羊かん』、冬季限定商品。
IMG_2102s.jpg
ほら、ちゃーんと「こしあん」って書いてある。
ついでにLUPICIAでお茶買って、ルンルン気分で帰宅した。



そもそも甘い物が不得意なのは、子供の頃そう躾けられたせいと、思春期のダイエットの名残だと思っている。
我が家は商売柄人の出入りが多くて、いただき物のお菓子がしょっちゅうあった。
まあ、今みたいにおしゃれな洋菓子なんてものはそうそうない時代だから、たいていがクッキーとかサブレとかの焼き菓子なんだけど。
でも、あんまり食べた記憶はない。
虫歯を心配した親が食べさせなかったのもあるんだろうけど、食べても口の中がパサパサしてそんなに美味しいとも思わなかったし。
その頃の私の定番おやつといえば、“小さくなって削れなくなったカツオ節”だった。
「これ、しゃぶってなさい」と渡されて、素直にそうしていた。
今思えば、なんて親だよ!確かに美味しかったけどさ。

2歳上の姉貴はもうちょっと賢かった。
商売柄お稲荷さんをお祀りしていたから、庭に小さいお社があった。
アイツはそこに毎日あがるお供えものを盗み喰いしてたのだ、なんて罰当たりな!
といっても、お供えっつったって米・塩・水、それからキツネの好物である油揚げ、あとはせいぜいトマトやキュウリなんかの野菜くらいなんだけど、たまに落花生やふかし芋なんかもお供えしてあったと思う。
ある日お供えの油揚げをかじったんだろうなあ、口のまわりを油でテカテカさせた姉貴を見て、ウチ中の大人たちが「これじゃ鍋島の猫騒動だよ」と言って大笑いしたことがあった、化け猫には「行灯の油を舐める」って俗信が付き物だから。

いずれにしても特異な幼少期を過ごした姉妹だったことに違いはない。

しっかし「三つ子の魂百まで」って言うけど、この歳で嗜好が変わるってアリ(^^;)???
恋人には「あ、あなた誰ですか?」とまで言われそうになったけど、実は自分自身がいちばん驚いている。



暮にコモちゃん&レイセンセと忘年会をした。
一昨年は『レッツゴー3匹の会』だったけど、去年は恋人も加わって『玉川カルテットの会』になった。
丸一日かけての横浜観光だったんだけど、その合間にオープンしたばかりの『YaJI & KITa CaFE』に寄ってみた。

ここはもともと虹さん&HIROさんのブログで知ったのだが、オープン前から虹さん&HIROさんはじめshinちゃんもが宣伝に一役買っていて、「同市民としちゃあ、こりゃ一遍行ってみないとね~」って思ってたところ、コモちゃん&レイセンセが快く同意してくれたもんだから、思い切って行ってみた。

赤を基調としたお店の作りはとっても暖かくてお洒落な感じ、弥次さん・喜多さんも見るからに優しそうな人柄。
その場でコモちゃんがツイッターに呟いて、私がshinちゃんに「コモちゃんのツイッターを見よ」と指令を出すと、すぐさま「先越されたか…(笑)」の返信が来たっけね。
「shinちゃんの友達で…」って言ったら、とってもとっても良くして下さいました(^o^)。

ハーブティーもスコーンもピザもどれも美味しかったので、年明けにgabrieさんの彼女さんを誘ってもう一度行って来た。
これまでgabrieさんとのサシ飲みは何度もあったけど、彼女さんとのサシ飲みは初めてのことだ。
尤も真っ昼間からだったし、私は減酒中だったから「飲み」ってほどでもなかったけど。

暮に恋人はgabrieさんとサシ飲みしていて、まあ今回はその逆パターンってワケで。
お互いのカップル事情も知っていて、お互いにパートナーがいない席となると、結構本音の見え隠れする会話ができるからから面白い。
といっても、その中身は惚気半分・愚痴半分といったところだけれど。

その日の帰りしな、私は自分用のスコーンとジャムを買った。
すると彼女さんは、gabrieさんへのお土産とは別に、私と恋人の分も持たせてくれた。
そういう気遣いをサラリとやってのけちゃうところが、またカッコよかったりして。



翌朝の私のブランチ、『YaJI & KITa CaFE』特製スコーン。
IMG_2094_convert_20110120163406.jpg
左が「チョコチップ」で、右が「アーモンド」。
他に「MIXフルーツ」と「チーズ」もあって、どれもフワサクで美味しい。

そしてハンドメイドの「ミックスベリージャム」、タグの手作り感がなんとも可愛らしいでしょ?
IMG_2096_convert_20110120171713.jpg
恋人も呟いていたが、これがまたすごく美味しいの!
これまで甘味は敬遠していたのだから、そもそもジャムを口にすること自体ほとんどなかったんだけれども、そんな私でも「ん?これはちょっと違うぞ」って分かるんだから、こりゃなかなかのもんだ。
うん、これは間違いなく『私のお気に入り』に加わるでしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑よろしかったら一押しお願いします↑

≫ Read More

| 私のお気に入り | 19:02 | comments:29 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私のお気に入り その4・その5

3日前またしても布教活動、京都土産をL友に押し付けようと、無理やり集まってもらった。
コモレイ杏麗、しな吉、私…最近、何かというとこの面子でつるんでるなあ(^^;)。
杏ちゃん曰く、この顔ぶれは「どことなく妖怪ちっくでア○ムスファミリー」なのだそうだ、言い得て妙(笑)。



押し付けたブツはこれ↓、『私のお気に入り その4』、チリメン山椒『はれま』
l000043048_01.jpg

京都に行けばチリメン山椒なんていくらだって売られてるが、私はやっぱりこの『はれま』がいちばん美味しいと思う。
昔から父が好きでよく買ってきていた。
子供のころは山椒の実がダメで、地道に一粒々々除けていたものだが、いつのまにかそれを旨いと感じるようになった、酒の味を覚えたころからだろうか。

実のところ、東京の百貨店でも手に入るし、通販でも入手可能。
だが「京都のお土産だから」という理由でもないと布教できないので、せっせと新幹線で運んできたのだ。
「旨いもん」を見つけるとすぐ人に押し付けたくなる性質、これは完全に父親譲り。
父が生きてるころは「人にだって好みってもんがあるんだからさ~」と呆れていたが、父が亡くなった今、自分の中にそのクセが受け継がれていることに愕然とした。



ま、お土産を渡すのは一種の口実、ホントは会って喋るのが楽しいから召集をかけた。
みんな忙しいのに都合をつけてくれて、どうもありがとう。
そのくせ頼りない幹事だから、場所は二番煎じだし、集合場所に現れたのは最後だし、お会計はコモちゃん任せだし、どーもスミマセン(^^;)。
それにしても、あんだけ喋っても飽きないし、ネタ尽きないし、全然話し足りない気がするのはなんでかねえ?(笑)

この日どういう話の流れだったか、「エモの好みのタイプは?」と聞かれた。
「ん~…」答えに窮するなあ。
「じゃ、カワイイ系とキレイ系ならどっち?」
「ん~…」どっちって言われてもなあ。

基本的にストライクゾーンは広いんだと思う(笑)。
でも、それって好みというよりは「あ、それはムリ、ゴメンナサイ」の境界を表現しているに近い。
「好み」…「好み」ねえ…。
だいたいが「自分のことを棚に上げといてナニ言ってんだか」って思わなくもないのだが、そこを割り引いてもらえるとしたら…あっ、あった、好み!
つまり、「それを見ると思わずドキっとしちゃいますぅ♪」ってことで言うならば、

「着物の似合う女性!しかも玄人限定」

杏ちゃんがすかさず「杏ちゃん着付けできるよ」と言ったが、「ダメダメ、素人じゃダメなのよ(笑)」。

玄人、つ・ま・り。

佐久間良子 若尾文子
良家の奥様風じゃダメなの、これは「素人」。

かと言って…
岩下志麻 三田佳子
違う!違う!そっち系でもなくて(^^;)。

私が言ってる「玄人」ってーのはこっち↓。
太地喜和子 二宮さよ子
そうそう、芸者さんとか花柳界の方々、日舞や三味線のお師匠さんとか、そういうのに何故か惹かれる。
恐らくそれは私の生い立ちと多少の関連があるのだと思う、わりとそういう人たちと身近に関わる環境で育ったから。



年に一度、実家の母に頼まれて「長唄の会」の手伝いをすることがある。
そこに集まってくるお師匠さん方(意外と若い方もいるのよ!)、その景色の良さったらそりゃもう(笑)。
それが見たくて手伝いに行ってるようなもんだもん(^^;)。

なんていうのかなあ、着物の着方も如何にも着慣れてるし(ほんの僅かに衣紋抜き)、所作が違うのですよ、所作が。
そこに、なんとも言えない色気を感じる。
一遍、普段のお稽古場を覗いたとき、洋服姿のお師匠さん見てガッカリしちゃったことがあったなあ(笑)。
やっぱり着物を着ることによって、どっかスイッチが切り替わるんだろうね。

それと、ほのかにいい匂いがするのですよ、多分『匂い袋』。
以前「恋人の匂いにクラクラっときた」と書いたことがあったが、『和の薫り』に弱いというのはここでもやっぱりそうだった。
日本人としてのDNAがそう感じさせるのか、子供のころから慣れ親しんだ香りだからそう思うのかは分からないが、多分私にとって『和の薫り』というのは、「ネコにまたたび」並みの威力を発揮するらしい(笑)。



上の引き合いに出した6枚の画像、先の4枚は多分誰でも分かると思うけど、最後の2枚は知らない人もいるかもしれない。
図らずも文学座の女優二人を選ぶことになった、太地喜和子と二宮さよ子、好きだなあこの二人。
杉村春子が亡くなった今、太地喜和子が生きていたらどんな役者になっていただろうかと思わずにはいられない。

二宮さよ子、名前を聞いても「?」かもしれないが、これを見たら「ああ!」という方も多いのでは…。
201002211936455bb.png
五社英雄監督作品『吉原炎上』。
筆頭花魁の九重(二宮さよ子)が若汐(名取裕子)に郭の作法を仕込むシーンがある、当時話題になった。
このショットをパケ写に持ってくるくらいだから、制作側の力の入れようも分かるってもんだ(笑)。
だけどホントに美しかったですよ、このシーンは!

なんだか「好みのタイプ」から「好きな女優」の話にスライドしちゃってる気もするが、このまま話を進めると杉村春子はホントに好きな女優だった、女優というより役者と言ったほうが合ってるかもしれない。
舞台は6~7作観ていると思う、この人は有吉佐和子と縁深いけれど、『ふるあめりかに袖はぬらさじ』と『木瓜の花』を観れたのは今思えば幸運だった、どちらも芸者(元芸者)役、その所作がとにかく上手い。

杉村春子が亡くなって、その後暫くは「金を払っても舞台を観たい」役者というのはあまりいなくなった。
ところが、ところが!



ここからが『私のお気に入り その5』、今いちばんお気に入りの役者。

藤山直美
藤山直美、この人の舞台だったらいつだって観たい、観たい!というか、結構観てます(^^;)。

こんなこともやりました↓。
20100221213254a4f.jpg

この人の父、藤山寛美↓。
201002212135418e9.jpg

父と娘、そっくり(笑)。
20100221214515bee.jpg 20100221213253df2.jpg

大好きです、藤山直美。


↑よろしかったら一押しお願いします

| 私のお気に入り | 22:48 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私のお気に入り その3

『旭ポンズ』と共にL友3人衆に押し付けたもの、それは『山形のさがえそば』。

sagae_packege.jpg

そりゃあ、乾麺より生麺のほうが美味いに決まってる。
だけど。
マジでここの干し蕎麦は美味い!

『さがえそば』の「さがえ」は、山形県寒河江市の「さがえ」。
日本一のそば処といえばやっぱり信州長野だと思うけど、案外山形も負けてない。
作付け面積でいうと、北海道に続いて第2位なのね(実は長野は6位)。

作家・池波正太郎が食通であったことは知られているが、『梅安料理ごよみ』の中にもこの『さがえそば』の話が出てくるという。
へー、あの池波正太郎も食べてたのか…。



子供の頃から、我が家で蕎麦といえばこれだった。
これしか食べたことがないから、「別にフツー」だと思っていた。
独り暮らしを始めて、初めて他の蕎麦を食べたとき、「あ、違う」と思った。
近所で手に入らないから、しょっちゅう実家に寄っては「あのおソバ頂戴」といって持ち帰っていた。
まったく何のために独り暮らしを始めたんだか(w。

結婚して所帯を持っても実家へのタカリは暫く続いたが、流石にもうそれはやっていない。
自分で買うようになってかなり経つ。
今じゃもうこれ以外のソバは食べられない身体になってしまった(笑)。



これも年に数回、通販で箱買いしている、一度に50~60袋ずつ。
引きこもりで出不精の私にとっては、ある意味『非常食』でもある。
そしてこの時期、「お歳暮」だったり「年越しそばにどうぞ」だったりと、あちこち配ってはまたまた布教活動をしているというワケだ(笑)。



一昨日会ったL友3人衆、杏ちゃん・麗さん・しなさんは、揃って若くてお洒落な人たち。
お開き直前に「はい、これ」と言って押し付けられたブツを見て、「なんだ?なんだ?」という顔をしていた。
「こんな所帯染みた手土産を持ってくるなんて、エモさんってどーゆーセンス(笑)?」と思われたかもしれない。
それでも全然構わない、私は熱心な信者なのだから(笑)。


↑よろしかったら一押しお願いします

| 私のお気に入り | 10:32 | comments:14 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。