| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ふた月さん山

広告が出ても一向に動じなくなっちゃったけど(^^;)、書き残しておきたい思い出はあるワケで。
某所では、どうでもいいような日々の細々したことを書いてはいるけど、ここはやっぱり恋人との濃ゆ~い思い出を綴る場所として、大切にしたいという思いはある。
最近はそれがほとんど山関連のことばかり、っていうのがナンだけど(^^;)。

この夏最大のイベントだった『八ヶ岳初挑戦』については、レイセンセがたっぷり丁寧に書き綴ってくれてるので、そちらにお任せするとして(^^;)、それ以外のイベントについて書いておこう。




八ヶ岳初挑戦の2週間後、また山に行った。
同じ八ヶ岳だけど、日帰りの緩~いコース、北八ヶ岳の縞枯山(シマガレヤマ)というところ。
隔週ペースで連続3回の登山は、我々にしちゃあ頑張ったじゃない(笑)?
これで7~8月は3山登ったことになる。

この前日にコモちゃんとレイセンセは別の山(もっとハードな山ね)に登っているので、今回はふらピヨとエモQの4人で。
日帰りとは言ったけど、実際は前夜出発⇒高速SAで仮眠っていう行程だから、旅気分は満点かな?
こういうことができるのも夏休みの間だけだから(子供の学校が始まるともう無理なので)、夏の思い出作りには大きく貢献したと思う。

ガイドブックだと、この山は北八ヶ岳の中でも初心者向きと出ていたので、それを鵜呑みに「ユルユル~な山もいいね」ってな気分で行ったんだけど、案外そうでもなく(^^;)。
わりと急登だったし、結構ロックな岩場だったし、登って下ってまた登っての縦走だったし。
それでも、背の高い木立と苔むした岩場と生き生きとしたシダのコントラストは今までに見たことのない風景で、「屋久島ってこんな雰囲気なのかな?」と思わせてくれて面白かった。
IMG_5732.jpg

そんな原生林を抜けると、最初の目的地・茶臼山の展望台。
IMG_5660.jpg
残念ながら曇ってて何も見えず(笑)。

ここから一旦下って(それが長かった!)、また登って、今度は縞枯山の展望台。
IMG_5675.jpg
またしても曇ってて何も見えず(笑)。
風が常に一定方向だから、枝が一方にしか伸びないんだよね。
こういうのも初めて見たけど、自然って面白いんだな~。

ここからまた下り。
その途中でやっと晴れ間が見えた!
IMG_5691.jpg
木々が立ち枯れている。
遠景だとこんな感じ。
IMG_5644.jpg
メカニズムは不明らしいけど、枯れた部分が縞模様に見えるから「縞枯山」なんだって、へー。

暫く下るとロープウェイの駅に到着した。
IMG_5714.jpg
そう、ここまではロープウェイでピュー!って来れちゃうんだよね(だって冬はスキー場だもんw)
ラフな格好の観光客がいっぱいいたけど、なんだかみんな寒そうだった。
いくら真夏でも、2,000m超の高地はやっぱり寒いのよ~www。

ここからは一気に下山。
暫くはこんな木道を通るんだけど、森林浴っぽくてとっても気持ちよかった。
IMG_5723.jpg

このあと、もうちょっとで国道ってところでイヤ~なアブに遭遇しちゃったり、それまでピンピンしてた某方が急にハンガーノック(低血糖)になっっちゃったり。
それでもまあなんとか無事に下山して、温泉入って、ご飯食べて帰って来ました(^o^)。




毎度々々思うことだけど、こういう非日常を味わうことができて、そこに仲良くしてくれる友達や最愛の恋人がいてくれるって、最高のシアワセね!

 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ランキング参加中 ご協力ありがとうございます↑

≫ Read More

スポンサーサイト

| 部活 | 20:54 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ありがとう、シマダヤ 2013

この夏の「ちょっと難易度の高い山に挑戦しよう」計画の本番前に、もう少し登山練習をしておかねば!
ということで、先週末また山に行って来た。
今回はふらピヨと一緒。

前回の十二ヶ岳で散々な目に遭ってるので、今回はゆる~いゆる~い山を選びました(笑)。
IMG_5475_20130716175210.jpg

出発前に計画を伝えると、レイセンセが「そこは去年コモちゃんと登ったよ~」とPPの過去記事を教えてくれた。
知ってる人が行ったことある山だと安心できてありがたい。
PPの記事も参考にさせてもらって、いざ出発!



ところが、ところが。
「檜原都民の森」にある三頭山を目指したんだけど、まず初っ端から私がやらかした。
ナビで「都民の森」を設定したら、着いたところが「奥多摩都民の森」というぜんぜん違う場所だったという…(^^;)。
慌てて再出発して1時間遅れでやっと合流した途端、ふららちゃんから「エモリン、ふららになっちゃったの(笑)?」と…。
そうそう、福島ツアーのとき、似た名前のぜんぜん違う場所に行っちゃったのはふららちゃんだったもんね(笑)。
ま、これでおあいこってことで勘弁して(笑)。



登り始めはウッドチップの敷かれた「森林セラピーロード」を歩く。
足に優しくて気持ちいい。
IMG_5478.jpg

暫く行くと「三頭大滝」、マイナスイオンをいっぱい取り込んでリフレッシュした。
IMG_5483.jpg

標高差500mのゆる~い山を選んだつもりだったのに、セラピーロードが終わると本格的な山道が始まって、「ごめんなさい、なめてました!」の気分になる。
それでも前回に比べたらぜんぜん楽勝だったんだけどね。

晴れてたら富士山がものすごくキレイに見えるらしいんだけど、生憎この日は曇り空で残念でした。
IMG_5490.jpg



山頂に着いて、今回の山ご飯は「冷やしたぬきそば」にしました、前回のリベンジ!
今年もシマダヤさんのお世話になって、具は天かす・きゅうり・紅しょうが・ゆでたまごを用意した。
shinちゃんにもらった「磯五郎どこでも七味」も活躍したよ(^^)。
IMG_5492.jpg

完成~(^^)。
IMG_5494.jpg

おにぎりとか頬張る他の登山客を尻目に、「どうよ?私たち。ふふふーん。やっぱり夏は冷たい麺に限るね」なんて自慢げに食べ始めたんだけど、高度1,500mはさすがに涼しい。
汗も引いてきて、風も吹いてきて、そのうち「いや…ちょっと寒いんですけど…(^^;)」になった。

そんなこともあろうかと、ちゃんとあったかいコーヒーも用意してますよ。
と、コーヒー・ヤカン・ボンベ・風防を取り出したところで、またまたやっちまいました私。
バーナーがないっ(笑)!
まったくこの日は散々だったなあ。



気を取り直して下山、下山。
ここは3つの頂上があるので三頭山と言うらしい、西峰と中央峰と東峰。
IMG_5489.jpg IMG_5497.jpg IMG_5498.jpg
コモちゃんは2つしか見つけられなかったって書いてたけど、ちゃんと3つあったよ(笑)。



あともう少しでゴールってところで雨が降り出した。
やっぱり山の天気は変わりやすいからね。
だけど、前回の教訓があるからちゃんと雨具は持ってたので心配ない、心配ない。
もうね、どんな時でも雨具は必携だと身に沁みた(笑)。



そのあとは近くの温泉「数馬の湯」へGo!
さっぱり汗を流した後、当然飲みたいだろうピヨが「このあと焼肉行かない?」と誘って来た。
恋人と一緒に「いいよ」と返事をしたときの、ピヨの満面の笑みが忘れられない(笑)。

そして多摩某所の焼肉屋に居座ること4時間。
登山してたより長いんじゃねーの!?ってくらい、飲んで食べてお喋りして。
気がついたら「ええ!?」って言う時間だったwww。




山友、RUN友、親戚連…いつも思うけど、気の置けない仲間といると楽しくて楽しくて、いくら時間があっても足りないね(^^)。
そしてそこに恋人が一緒にいてくれる、それが何よりの幸せ。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ランキング参加中 ご協力ありがとうございます↑

≫ Read More

| 部活 | 20:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

これだから初心者は

三浦雄一郎氏が80歳にして3度目のエベレスト登頂に成功したというニュースに湧いた日、恋人と私は山で半遭難な目に遭っていた、という話。
なんとか無事に帰って来れた今だから笑い話になるけれど、実際はホントに運がよかったとしか思えない体験だった。




そもそも、この夏にちょっと難易度の高い山に挑戦しようという計画が登山部で持ち上がっていた。
そのためには「これまでのような“なんちゃって登山靴”じゃダメだよね」ということで、何軒も回ってやっとピッタリの登山靴を手に入れた、それがGWの終わり。

その靴の慣らしをするつもりで、恋人とふたりで登山計画を立てた。
まずここから“初心者の無知無謀”丸出しだった。

「今度ふたりで○○山行って来ま~す」とアナウンスした途端、登山部先輩のレイセンセから「もうアイゼンなくても大丈夫なのかな?」と訊かれた。
ア、アイゼン!?
登山部部長のふららちゃんからも、「雪、大丈夫かな?」と。
えええ~!?

「これだから初心者はまったく!」

…と思われてたに違いない(^^;)。
予定の3日前だったけど、行き先変更することにした。




変更した行き先は、西湖の『十二ヶ岳』。
岩場が多くて鎖場やロープもあって、今度行く予定の夏山の練習には持って来いだと思ったから。
だけど、後で聞いたらこの選択もレイセンセからはかなり心配されてたらしい、「あの山に?エモQの二人だけで?大丈夫か?」と。

「まったく身の程知らずな…」

と思われていたに違いない(^^;)。
結果その通りだったんだけどね。




【怖かった その①】
岩場。
これが予想以上に手強かった!
『十二ヶ岳』という名の通り、「一ヶ岳」から「十二ヶ岳」まで12個の岳が連なっていて、一つ一つを登っては下り、登っては下り。
しかもそれが全部こんなところ(; ;)。

IMG_5190.jpg IMG_5192.jpg IMG_5194.jpg IMG_5195.jpg

ロープと鎖場って聞いてはいたけど、実際目の前にすると、どう考えても自分たちの力量オーバーなんだもん(; ;)。
怪我しなかったのが不思議なくらい。

ここは人気の山だというけれど、平日の、しかも出遅れスタートの我々の前後には人っ子ひとりいない。
あそこで怪我でもしていたらと思うと、今でも背筋がゾッとする(^^;)。

【怖かった その②】
日没。
登り始めが10時と遅かったせいもあるけど、岩場に難儀した結果、予想の行程の1.5倍も時間がかかってしまって、下山の途中で日が暮れはじめた。
都会の感覚だとこの季節6時を過ぎてもまだ明るいけど、山の中はそうはいかない。
木の葉の陰になって、4時でももう薄暗い。

唯一最後の「十二ヶ岳」で出会った人がいたんだけど、「懐中電灯は持ってますか?」と聞かれて、自分たちの甘さに気がついた(幸い私がヘッドライトを持っていたからよかったけど)

【怖かった その③】
雨。
天気予報じゃ雨なんてひと言も言ってなかったのに…やっぱり山の天気は変わりやすいのね(><)。
下山の途中で雨が降り出すし、辺りは余計に暗くなるし、雨具は置いてきちゃったし。
まったく考え甘過ぎ。

【怖かった その④】
雷。
ものすごい雷が鳴っていて、雨よりも落雷が怖かった。
山の中で雷に遭ったら、逃げ場がないもの。
幸い雨も雷も1時間ぐらいで治まったからいいようなものだけど、ホントに無事下山できるのか不安でいっぱいだった。

【怖かった その⑤】
熊。
実際に遭遇したワケじゃないけど、明らかにヒトの足跡じゃないケモノの足跡が…(たぶん鹿)
それと、時折り木立がザワザワして、自分たち以外の気配が…。
クマ除けの鈴は置いてきちゃったし(; ;)。
そいうえば登山口に「クマ出没します」の看板があったけど、最近どこの山でもその看板を見かけるから、気にも留めてなかった。




こうして書き出してみると、ホントによく戻って来れたもんだと思う。

行く前は「今回の『山頂で○○』は、またシマダヤさんのお世話になろう。『冷やしたぬきそば』ね」なんつって楽しみにしてたのに、結局そんな余裕はこれっぽっちもなく、恋人が持っていた菓子パンとチョコを辛うじてかじっただけ。
9時間の間に2度の15分休憩を取っただけで、後はずっと歩きっぱなし(っていうか、「歩く」か「よじ登る」か「這いつくばる」か「ぶら下がる」かだったけど^^;)

やっと国道に出て振り返った光景がこれ。
IMG_5209-2.jpg

いつもならここで「あそこまで自分たちの足だけで登ったんだ!」っていう達成感でうれしくなるはずなんだけど、この写真を撮ったときはそんな気分じゃなかったなあ。
とにかく無事に下山できたっていう安堵感と、「あんなところまで行ってたの?ヒェ~」っていう驚きと、手強かった岩場を思い出しての恐怖と、そんなのがごっちゃになってヘンな感じだった。

それにしても、心配性の私を最後まで「大丈夫だよ」とフォローし続けてくれた恋人には感謝してる。
ま、若干楽天的すぎやしませんか?と思わなくもないけど(^^;)、向こうは向こうで「心配性なんだからもう」って思ってるんだろうなw

それでちょうどいいのかもね、私たち(笑)。




にしても、やっぱり「山で油断は禁物」です、はい。
これが今回の教訓(^^;)。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ランキング参加中 ご協力ありがとうございます↑

≫ Read More

| 部活 | 19:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ランニングでらんらんらん♪ Vol.3 ついでに新作発表

一昨日の日曜日、またまた国立競技場を走って来ました。

IMG_4394_20121218114506.jpg

IMG_4396_20121218114506.jpg

前日までの雨とは打って変わって雲ひとつない晴天、「RUN日和」とはまさにこのこと。
昼前から気温もぐんぐん上がって、暑いくらいだった。

IMG_4397.jpg

IMG_4398.jpg

前回・前々回の『フライデーナイトリレーマラソン』とは違って、企業対抗、しかも日曜日の昼間ということもあって、選手も応援団もかなり多かった。

我々は今回も3時間レース一般の部に6名で参加した。
もうすっかり駅伝部のリードオフマンとなったコモちゃんとレイセンセ、前回レースで面白さを知ったらしいのんちゃん、今回がデビュー戦となるはっちゃんとりんちゃん、そして名ばかり部長の私。

コモちゃんとレイセンセは先月の淀川ハーフを見事に完走した勢いに乗ってコンディションも万全みたいだし、のんちゃんは前回の経験から自信ありげだし、はっちゃんはデビュー戦でやや緊張気味と言ってたけど、ウエア&サングラスはすっかりベテランモードでやる気がビシバシ表れてるし、りんちゃんはなんと言っても元陸上部という経歴の持ち主。
「今回はいい記録が期待できそう」と思ったので、名ばかり部長のワタクシは後半の周回を他のメンバーに譲りました(笑)。

いや~、この作戦は功を奏したな。
お蔭でホントに前回よりかなりいい成績を残せたし。
そういう意味では「名部長」と呼んで欲しいわ(笑)。




今回の大会は仮装も多くて、そっちも楽しめた。

IMG_4405.jpg

IMG_4421.jpg

IMG_4402.jpg

IMG_4426.jpg
この作業員の方も実はランナーですw ちゃんとゼッケン付けてます




そして、初回以降走ってないけど応援は欠かさず来てくれるふららちゃんが、またまた駈け付けてくれた。
前日まで伊豆に行ってたとかで、お土産の温泉まんじゅうを持って。

IMG_4413.jpg

ウサギのまんじゅうなんてカワイイじゃないか!
これ、「こしあん部」(今勝手に作ったw)の次回作の参考にしよっとw
ありがとう、ふららちゃん(^o^)。


そしてそして、これまた初回走った以降すっかりコーチポジションに定着してしまった感のある我が恋人だけど、休日出勤の帰りだと言って寄ってくれた。
「顔見せたら部長のモチベーション上がるかと思って」だって。

恋人はちょうど私が1周目を走ってる最中に着いたらしいんだけど、ピットゾーンで待機していたコモちゃんが気付いてくれて、私がタスキを渡すその瞬間ニヤニヤしながら「Qさん来てるよ」と囁いてくれた。
ひゃ~!一気にモチベーション上がりましたわ(笑)。
といっても、もう走り終えちゃったんだけど(^^;)。

ピットを出たところにいた恋人を見つけた私は、思わずゼーゼーと倒れ込むフリをして抱きついてやった(笑)。
普通ならこんな公衆の面前でそんなこと出来ないけど、この日は選手とそれを介助するコーチだからいいの、いいの(^^;)。




国立競技場での3時間レースももう3回目ともなるとだんだん勝手が分かってきて、待機中もドキドキ焦ることもなくなってきた。
そこで俄かに始まるのが「お菓子タイム」。
みんな差し入れと称して何かしらお菓子を持ってきていて、その場で交換会が始まる。

私としてはこういうみんなで集まるイベントは「こしあん部」の発表の場と思ってるから、実は本来の「走る」ことよりもこっちに情熱を注いでる面もあったりして(^^;)。
12月に入ってからRUNの自主練はサッパリだったのに、差し入れのお菓子に関してはもう何日も前から考えていて、この日も新作を引っ提げてやって来たのだ。
『いちご大福』に挑戦してみました!右はわらびもちね。

IMG_4414.jpg

IMG_4417.jpg
キレイに切って断面を画像に残す余裕がなかったので、はっちゃんのかじった跡で失礼www

てっぺんにイチゴが透けて見えてるのはワザとです。
後から打ち上げ“だけ”にやって来たイタッチが「うわ!おっ○い大福だ!頬ずりした~い」と叫んでいたけど(笑)、そういうエロさを狙ったものでは決してなく、ちゃんとした和菓子屋の職人さんが教えてくれるレシピがそうだっただけのこと(イチゴが見えるようにという工夫です)
今後これを食べる機会がある方がいらっしゃっても、決して「おっ○い大福」とは呼ばないようにしていただきたい。




もういい加減みんな水ようかんは飽きただろうと思ってたんだけど、コモちゃんから「あのツルッとしたのどごしがエイド(走ってる最中の補給)にちょうどいいんだよね」と聞いたので、次回復活するかなあ。
RUNシーズンの冬場に水ようかんの需要があることが分かって、「こしあん部」としてもこれからがシーズンです(笑)。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ランキング参加中 ご協力ありがとうございます↑

| 部活 | 14:05 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新部活発足

まさかまさか、あんな大物が釣れるとは思いもしなかった、という話。

きかっけはコレ↓。



登山部、駅伝部、釣り部、ドリーム部、焼き焼き部、お昼寝部、お城巡り部、カラダキレイ部、チョコ部、寅さん部、ジグソーパズル部…。
L友たちが次々と部活を立ち上げる中で、サマンサはこれまで「お昼寝部」所属だった。
最も「カラダ動かす系」から遠いところにいた人なのに(笑)。

このツイートを見たとき、正直「え?冗談だよ…ね(^^;)?」って思った。
ところが翌日…。




キャッハッハ、こりゃ登山部で勧誘しないワケにはいかんでしょう(笑)?
ってことで、ふらら部長と密かに「サマンサを山に誘う会」の相談を進めてたら…見事に釣れた、釣れた(笑)。
サマンサが行くってことは当然清兄も一緒ってワケで、ワハハ大漁、大漁w
大物二人の新入部員を迎えて、先週末登って来ましたよ、高尾山。

当初スケジュールが合わなくて残念だったピヨも、土壇場で行けることに。
というワケで、エモQ含め6人で行って来た。




もうすぐ紅葉の見ごろだからある程度の混雑は予想してたけど、あんなに混むとは思わなかった。
既に集合前から混雑によるアクシデントが。
高速道路の渋滞に嵌って動けなくなったふらピヨは、途中で高速降りて電車に切り替えて追いかけるというスゴ技を見せてくれた。
さすが部長!機転が利くなあ。
山ではいつ何が起こるか分からないから、こういう機転の利く人がリーダーだとホントに心強い。

まあそれにしても登山道も大渋滞、何度もここを訪れてるふらピヨでさえ「こんなに混んだのは初めて」だって。
だけど、まだどこも紅葉は色付いてないのに。
自分たちのことは棚に上げるけど、世の中のみなさん気が早過ぎます(笑)。

登る前は日頃の運動不足を懸念してた清兄だったけど、口では「うわ、きっつ!」って言いながらもちゃーんと登ったよ。
やっぱり若いころスポーツやってたから体力あるね。
で、肝心のサマンサはというと…あの方はとにかくコンパスが長いから、案外楽勝っぽかった(笑)。

途中で見かけたおサルさん、カワイイ♪
IMG_4273.jpg
この前で部長に同じポーズを取ってもらったんだけど、それも可愛かった(お見せできないのが残念ですwww)

今回は「4号路」という吊り橋のあるルートを登ってみた。
IMG_4280.jpg
一昨年来たときは修復工事中で通行止めになってたんだけど、やっと開通したらしい。
短いけど結構揺れて面白かった。

山頂に着いてみたら予想通りの大混雑で(もうホントに人ウジャウジャ)、レジャーシートを敷く間もない。
少し離れたもみじ台というところまで移動して、やっと場所を確保した。

今回の山ご飯は、新入部員がいたのでシンプルにおにぎりとカップ麺。
IMG_4287.jpg

IMG_4289.jpg

IMG_4288.jpg
6人中4人が同じシーフード・ヌードルだったのが驚きw

ここで、ピヨと清兄は当然のようにビールを飲んでいたっけw(山頂で売ってます)
IMG_4290.jpg

シングルバーナーを見て、清兄がしきりと「いいなー、欲しいなー」と言い出した。
ここで私は内心「よっしゃーーーー!」とガッツポーズをした。
いやだって、これが欲しいと言い出したってことはだよ、もう正式入部間違いなしってことだもん(笑)。
そうそう、これを見せつけたくってカップ麺にしたのよ。
まんまと引っ掛かってくれましたwww

しかも。
ここにはアイアンシェフ・サマンサがいるではないか!
サマンサなら『山頂で〇〇』のすんばらしいメニューをいろいろ考えてくれるに違いない。
みんなでそう言うと、サマンサも「わ~、なんか楽しそうだね~」と色よい反応を示してくれて。

ってワケで、この日この場で新たに『山頂で調理部』が発足いたしました(笑)。




山頂が大混雑なら当然下山道も大混雑だった。
途中「ただいまケーブルカーは50分待ちです」の声を横で聞きながら、我々はスタスタと歩いて下ってきた。
脚は確かにくたびれたけど、それも心地のいい疲労感だった。
紅葉はまだ見られなかったけど、なんと言っても日常を離れて自然に触れるってことの楽しさを満喫した。

マッターホルンにはぜんぜん程遠いけれど、サマンサ・清兄に山登りの楽しさを味わってもらえたことが嬉しかったなあ。

そして何より、恋人とまたひと山登れたこと、それが嬉しかった。
今年前半はまったく山に行けなくて、『ひと月ひと山』が達成できる見込みはとっくに薄れてはいたんだけど、それでも恋人の「山行きたい」熱には何とか応えてあげたいと思っていた。

今年ももう「忘年会」なんて言葉をチラホラ耳にする時期になってしまったけど、どこまで目標に近付けるか、出来るとこまでやってみようと思う。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ランキング参加中 ご協力ありがとうございます↑

| 部活 | 20:36 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。