2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハイキングでルルル♪ その1

また広告が出た、5月の更新はたった1回だったもんなあ。
今さっき出てた広告は、「本場茨城 ○○商店の干し芋」「沈黙の臓器 肝臓をサポート」「芋ケンピ食べ比べ」だった。
なるほど確かに「焼酎」と「芋」に関連してる、とヘンに関心したり(^^;)。



さてさて、いい加減「山」の記事を書かねば。

ふらら部長(なんとなく「ケロロ軍曹」に音が似てる^^;)引率のもと、高尾山へ登ってきた、10日ほど前に。
いやいやいや、ふらら部長の行動の早さったらない。

4月のBBQのとき駅伝部勧誘に失敗し、それならと登山部勧誘をした。
登山経験はないくせに勧誘だけはするのだ、経験者を部長に据えれば済むことだし(笑)。
その場で富士山登頂回数最多のふららちゃんを強制的に抜擢した。
そしたら翌週、もうピヨネエと高尾山へ下見に行ってきたというではないか!
そこからは、日程調整からブログ告知から「旅のしおり」配信まで、あれよあれよと言う間にことを進めてくれて、いつの間にかその当日になっていた。なんと頼もしい。



ちょっと前日までの準備段階の話を書いておこう。

正直言って、登山は多分小学校の遠足以来遠ざかっている。
あの頃は子供用のリュックサック背負って(中身はお弁当とおやつ、もちろん300円まで)、保温機能なんてないプラスチックの水筒を下げ(ジュースは禁止、麦茶)、黄色い学帽を被り、運動靴(所謂ズック)で登っていた、割と軽装。

ところがふらら部長の配信してくれた旅のしおりを見ると、「山をなめたらイカン!」の注意書きが書かれてる。
よし!ここはしっかり準備をしとかねば!
何事もスタイルから入るのが『エモ流部活術』なのだ。

まずリュック。
これ、実は恋人がバレンタインのプレゼントにくれたもの、かなり本格的。
IMG_1194_convert_20100613111243.jpg
去年の山中湖で「富士山に登ろう」の話が出たときから、プレゼントしようと考えていてくれたらしい。
諸般の事情で遅れた今年のバレンタインだったけど、開けてみたときは嬉しかった。
流石にいまどきのリュックは機能的で進化してる、小学校時代のものとは大違いだ。
これがあればOKでしょう。

次、服装。
私の頭の中では、何故か「登山=チェックのシャツ」というイメージが固定されている、なんで?(笑)
クローゼットの中から手持ちのチェックシャツを引っぱり出してきて、といってもたった2枚しかない中から「よし、これ」といって決めた。
Gパンはピチピチで動きにくいから、カーゴパンツも買った。
ふらら部長からのお達し「山頂は気温が低いから羽織るものを1枚多めに」にも従って、ウインドブレーカーもリュックに入れた。
汗をかいたあとの着替えも入れた、これでよし。

次、靴。
はじめはスニーカーで十分と思っていたけど、それでも「山をなめたらイカン!」の教えがときどき頭を過ぎる。
年齢的なことも鑑みれば、若いころと違って反射神経も鈍ってるんだから、どこでケッつまづくかスッ転ぶかも分からない。
それに「何事もまず足下から」と言うではないか。
で、買った、トレッキングシューズを。
今後出番があるのかどうかが心配。

そうだそうだ、足のことを考えてたときに、「ああ、捻挫したらどうしよう」と思ってテーピングテープも用意した。
となると、他にも救急セットがあったほうがいいよね、BBQで学んだし。
絆創膏、湿布薬、消毒液、虫刺されの薬、包帯代わりにもなる手拭い、ああ、ハサミの付いたマルチナイフもいるね。
というワケで、自称「救護班」を名乗り出た。
IMG_1191_convert_20100613111044.jpg IMG_1186_convert_20100613110907.jpg

と、ここまで前日に揃えて、あとは翌朝おにぎりを詰めればOKと思っていた夕方6時、恋人からメールが来た。
「登山に必携なのは、帽子・水・救急セット・軍手・携帯電話です」、更には「地図とコンパスは誰が持つの?」という。
えっと…あの…行き先は高尾山って言ってあるよね(^^;)?
と思ったが、登山経験者の恋人がそう言ってるんだから間違いはないだろう。
慌ててホームセンターに車を飛ばし、帽子と軍手を探した。
いや、キャップくらいはウチにもあるのだが、後頭部を守るという意味ではキャップじゃダメでしょう。
で、これ↓(農作業用だけど仕方なし、なんせホームセンターなので選べるほど置いてないワケで^^;)。
IMG_1196_convert_20100613112501.jpg
軍手もあるにはあるけど、如何にも作業用のものより、もうちっとこう見映えのいいものがないかいなと思って探しに行った。
で、これ↓(本来は電動ドリルとか使うときの現場作業用グローブ、でも『プロ仕様』^^;)。
IMG_1198_convert_20100613112537.jpg
コンパスはウチにあるからよし、と。
IMG_1187_convert_20100613110938.jpg
ああ、ついでだ、足腰のお守りも付けとくか(京都・護王神社のありがたーいお守り)。
鈴は熊除けにもなるっていうしね(ホントか!?)。
IMG_1188_convert_20100613111009.jpg

あとは雨具に、カメラに、三脚に、携帯充電器に、ピクニックシート…ああ、忘れちゃならないゴミ袋と携帯灰皿。
よし、これで漏れはないな、完璧、完璧!と、確認してリュックを背負ってみる。
明日はこれにおにぎりと飲み物がプラスされるワケで…私はいったいどこへ行こうとしてるんだろう?と、一瞬思わなくもなかった…。



さて、当日。
おにぎりと飲み物を詰め込んで、コンパスとマルチナイフとお守りをぶら下げたリュックをカチャカチャ言わせながら、集合場所へと向かった。
「行き先は高尾山だよね?」と何度も自問自答したが、いいのいいの、何事もスタイルから入るのが…(笑)。

今回の参加者は9名、ふららちゃん&ピヨネエ、コモちゃん&レイセンセたーみー&イクラちゃん、しな吉くん、こむすびさん、エモ。
朝9:30高尾山口駅集合、誰一人遅れず集合したのはエライです。

初めてお目にかかるのは、たーみーとイクラちゃんとこむすびさん。
他は見知った顔ぶれなのでBBQのときほど緊張はしなかったけれど、それでも初顔合わせの方々はどんな人なんだろうとワクワクもするし、ちょっとだけ緊張もした。

行きの電車の中で、イクラちゃんに会ったら「あ、たみおさんの彼女さんの『タラコさん』ですよね!」って挨拶しようと心に決めてたのに、実際にはコモちゃんから先に「こちらがイクラさんだよ」って紹介されちゃって、チッ!だった。

たーみーとイクラちゃんは若くて健康的でノリのいいカップル、イクラちゃんの関西弁が場を和ませてくれる。
こむすびさんはブログ記事から筋トレマニアだと思ってたので、大柄な人を想像してたから、意外と細マッチョなのにびっくり。

まあ、そんなこんなで挨拶も終わり、ふらら部長を先頭にいざ登山道へと出発。
ちょっと怪しい雲行きではあったけど、下山までに降らないことを祈りつつ山道を進んだ。
一本道だから迷子になることはないけれど、ふらら部長とピヨネエの速いこと速いこと。
後ろでお喋りしてたらすっかり離されてしまった。

前々から聞いていた、案外コモちゃんよりレイセンセのほうが体力あるのだという説(笑)。
私はこの日、それをこの目で確かめたくて仕方なかった。
そのために、密かにコモレイカップルからつかず離れずの距離を保ちながら観察していたのだ、コモちゃん気付いてた(^^;)?
そしたら、そのときは意外と早く訪れた。
レイセンセ「コモちゃん、持ってあげるよ~」
コモちゃん「恥ずかしいからヤだよ~」
このやりとりを何度か繰り返し、でも結局はレイセンセがコモちゃんのゴツデカリュックを背負い、コモちゃんはといえばレイセンセの可愛らしい花柄リュックを背負い、そのアンバランスさが何とも可笑しくて(笑)。
でもねえ、こういうときカップル参加はいいな~って羨ましくなる。
ピン参加だとだーれも気にかけてくれないもんね、フン!


途中にあった奉納名簿の立て札、某大物演歌歌手の名前が。
IMG_1031_convert_20100612193118.jpg
「なんたって○ブちゃんは八王子市民だからね、御殿も建ててるし」ってふららちゃんが教えてくれた。
流石部長!下見してるだけあってなんでも知り尽くしてる。

山門のところで出迎えてくれる天狗像。
IMG_1035_convert_20100612193321.jpg

IMG_1034_convert_20100612193237.jpg

なんだかんだとお喋りしながら歩いてるうちに、とうとう山頂が見えてきた。
あと少し、あと少し…とうとう辿り着いた!
IMG_1056_convert_20100612193408.jpg
フッ、なんだ、大したことなかったな(笑)。
(まあ今回はいちばん楽チンなコースだったしね)

全員で山頂の標識に記念タッチ。
IMG_1056_convert_20100612193408.jpg
でも、撮影班の私以外にもう一人足りないのはなんで(^^;)?



お昼前だというのに山頂はかなりの混雑ぶりだった。
最近は登山ブームで、部長曰く「休日は登山道もハイカー渋滞を起こす」らしい。
このときになると雲も晴れて、逆に日差しが眩しいくらいだった。
狭いスペースながら何とか外れの木陰を陣取って、さあ、みんなでお弁当、お弁当。
と思ったら、突然レイセンセが「唐揚げ持って来た人~」と叫んでる(笑)。
何事かと思ったが、元気よく「ハーイ!」と手を挙げる人は誰もおらず…。
「ねえ、誰も唐揚げ持って来てないのぉ?」「コモちゃん、誰も唐揚げ持って来てないんだって…」と哀しそうなレイセンセ。
その表情があまりに可愛くて、思わずプっと吹き出してしまった。
どうやらこういう事情だったらしい(笑)。

唐揚げはゲットできなかったけど、いつの間にかガソリンは補給してたらしい、ピヨネエと二人で。
ピヨネエのキリンラガーは分かるとして、レイセンセのワンカップってどうなの(笑)?
takaosan_convert_20100613094645.jpg
確かに冷えててウマそうではあったけど(^^;)。

遠距離恋愛のたーみーとイクラちゃん。
はるばる遠くから夜行バスに乗って当日朝東京に着いたイクラちゃんのために、たーみーが作ってきたお弁当は結構豪華だった(でも唐揚げはなかった)。
やっぱ愛だよね、愛。
若人よ、大いにラブラブしたまえ!と、オバチャンは思うのです(笑)。

それぞれがMyおにぎりをパクつき、おやつも消化したところで、さ、今度は下山ですよ。
山でも階段でもそうだが、上りより下りのほうが油断してる分危ない。
誰かうっかり足を滑らせたりしないかと、救護班はドキドキ出番を待っていた、待っていた、待っていた…。
が、みんな無事。
「なんだいなんだい、つまんないの~(笑)」なんて口では言ってたけど、いや、ホントに怪我なくてよかったよ。



やっと下山したところまで書けました、前フリが長かったからなー。
でもね、続きがあるんです(^^;)。

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
↑よろしかったら一押しお願いします
スポンサーサイト

| 部活 | 11:38 | comments:18 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。