2012年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ランニングでらんらんらん♪

2月のタイスキのときに、「次の遊びはどうする?」で盛り上がったと言った。
そしたら、コモちゃんから「今度のアレは“遊び”じゃなくて“本気(マジ)”ですから~」ってコメントが付いた。
それがとうとう実現したという話。



先週金曜夕方の国立競技場。
IMG_3643.jpg

『駅伝部』初の公式レース参加、こんな大会に出てみました(笑)。
IMG_3644.jpg

そう、タイスキのときに私と恋人が誘った“遊び”というのは、「駅伝出ませんか?」だったのだ。

思えば2年前、『駅伝部、始めました』なんて記事を書いたけど、その後のBBQで部員勧誘したときには誰一人として見向きもしてくれず、暫くすると今度は自身の腰痛に悩まされ始め、結局そのまま休部状態が続くことになった。

去年の夏ごろから独りでボチボチとジョギングを再開してはいたんだけど、それはあまりに運動不足で鈍った身体をどうにかしないと…っていう強迫観念からのもので、どっちかっていうと登山部に備えるってつもりだった。
だって、どうせ誘ったってだ~れも駅伝なんてつき合ってくれないんでしょ?って思ってたから(笑)。

まさかこんな日がホントに訪れようとは…感涙ですっ(笑)!



2月のあの日、タイスキをつつきながら「どうせダメ元だし…」と思って声をかけたら、意外にもみんなノってくれてこっちがビックリだった。
はじめは「ええ~!?」って驚いてたふららちゃんも、ピヨねえの「やろうや」の言葉に(それが案外スゴ味があるw)、いつのまにか「オッケー!」になってたしね。
どうやらあの日はローラが乗り移ってたらしい(笑)。
ローラ

その場で、コモレイ・ふらピヨ・エモQの6人で4月のレースに参加することが決まった。
ちょっと無謀だったかな~(^^;)?と思わなくもなかったけど、終わった今になってみると「なかなかやるじゃん?私たち(笑)」だった。



さあ、それから本番までは各自が自主練の日々…とは言っても所詮練習は練習、単独で走ってる最中は「わ~楽しい~♪アハハ♪ウフフ♪」なんてーことはなく…そんな人いたら確実にアブナイ(笑)。
そりゃもちろん、少しでも走れる距離が延びたりタイムが縮まったりすれば、走り終わったあとに味わう充実感たるやこの上ないものには違いないんだけど、走ってる最中は「ぐ、ぐるじ~」と飽くまでストイックなの。
ま、ある意味“にわかアスリート”気取りでストイックな自分に酔ってる面もあるし(笑)、改めて自分の中のMっ気を再認識して悦びを感じてる一面も…あるにはある(笑)。

だけど、それよりずっと楽しかったのは、みんなで一緒に合同練習したり、チーム名を投票で決めたり、お揃いのリストバンドを用意したり、おニューのシューズやウェアを見せ合ったり、自主練の報告をし合って励まし合ったり、当日のキッチンカー(屋台)で何を食べるか相談したり…とまあ、本来の「走る」ことより、そういう準備のほうがずっとワクワクだった(^o^)。
「仲間がいる」っていう意識・感覚があると、こうも楽しいものなのかってことをつくづく実感。

レースに慣れてるベテランランナーのみなさんと違って、私たち、初心者素人軍団だもんね。
レベルが違いすぎて、端っから記録を狙うなんて野望は持ち合わせておりませぬ(笑)。
かと言って、「参加することに意義がある」だけじゃ物足りない。
なんでも「お祭り」騒ぎにしてしまうのが楽しむコツなのだ(笑)。

誘ったときは「まだ2ヶ月あるし…」なんて思ってたけど、そうやって何かしら駅伝に関わることをしていると楽しくて、楽しくて、あっという間に時間が過ぎていった感がある。
気が付いたら当日だった、って感じ。



この日の大会は普通の駅伝とは違ってて、時間ではなく距離を競うレース。
我々がエントリーしたのは3時間コース(この他に一晩中走り続ける12時間コースというのもある!)。
最高6人でタスキをつなぎ、「競技場トラック+外周回廊」の1.4kmを3時間で何周走れたかを競うというもの。
「“あの”国立競技場を走れるゾ!」っていうのと、走順を事前に登録する必要がないから、誰かが故障してもみんなでカバーできるというのが、このレースを選んだ理由だ。

「名ばかり部長」の役得か、はたまた罰ゲームか(^^;)、第一走者の任を仰せつかった私(第一走者だけトラック1周分長いのよ~)。
2月に京都の護王神社で買った「健脚守」をタスキに結び付けていざスタートラインへ!
(このために、今年はいつもの「足腰守」じゃなくて「健脚守」にしといたのよ)
IMG_3667.jpg

と言ってもこのレース、なんせ500組もがエントリーしてるもんだから、スタートラインに並ぶのも当然500人…人多過ぎ(^^;)。
ほらね、こんな感じ↓。
538600_212856628827472_484333758_n.jpg
★公式facebookより
380360_212857688827366_175431582569977_370902_482876432_n.jpg
★公式facebookより
↑この中のどっかにいます、ワタシ。
どうやらチームメイトは私の姿を見失ったらしいけど、これじゃ無理もないわ(笑)。



走る前は「みんなムリせず、マイペースで走りましょう」なんて言ってたクセに、いや~、あんなに大勢いると完全に雰囲気に飲まれます。
況してや初レースで勝手も分からないから、とにかく周りに置いてかれないようにと焦るばかりで、たった1周でヘトヘト。
(顔はお見せできないけど、かなりヘトヘトの図w)
IMG_3649.jpg

その間に、タスキはレイセンセ→コモちゃん→ふららちゃん→ピヨねえ→Qスケへと次々に手渡されていって、また私へと戻ってくる…いや、ちょっと、みんな速いよ(^^;)。
本番前は、「次の出番まで時間はあるから、キッチンカーでうどんとか焼きそば食べようね」って言って楽しみにしてたのに、そんな余裕ないない(^^;)。
トラックでは見失っても、待機ゾーンすぐ傍の外周回廊コースに入ってくれば超間近で見れるから、落ち着く間もなくウロウロしてたしね。
とか言いながらも、バナナ食べてるスキに超特急のレイセンセを見逃しちゃってオコラレちゃった!
合同練習のとき、「声援に応えるポーズ」まで研究してたレイセンセなのにゴメンね~(笑)。



因みに夜なので当然ナイターです。
トラック全景だとこんな感じ↓。
557792_212965942149874_175431582569977_371226_1161387053_n.jpg
★公式facebookより

国立競技場を走れるっていうだけでも珍しい体験なのに、それがナイターともなればますます貴重。
いい経験をさせてもらいました(^o^)。



何度目かのタスキが回って来たころにはもう終了時刻まであと僅か、あっという間の3時間だった。
私で終わりか…それともレイセンセまでつなげられるか…既に太腿は思うように上がらないし、「ああもうダメ…」と思ったそのとき、回廊コースで一生懸命に声援を送ってくれてるみんなの顔が見えた。
こういうときってホントに面白いね~、途端に私の頭の中で『ロッキーのテーマ』が鳴り始めたよ(笑)。
rocky.png

トラックに戻って見上げた観客席が、私にはフィラデルフィア美術館に見えたわ(笑)!
(因みに会場で流れてたBGMは『Eye Of The Tiger』だったりするw)

残り時間ギリギリのところでレイセンセにタスキを託し、あとはフィニッシュを待つのみ。
満面の笑顔で戻ってきたレイセンセを出迎えて、私たちの記念すべき初レースは終わった。



いや~、とにかく楽しかった(^o^)!
3,000人もの人が集まると、それだけでもうお祭り気分だったしね。

そして、身体は確かに疲れたけど、何ともいえない達成感!充実感!満足感!
とにかく「キモチイイ~!」って思えた。

この感覚は山に登ったときとも似てるけど、もうちょっとこう…アグレッシブな感じかな?
山は登頂が目標だけど、RUNは完走と時間の2軸目標だから、走ってる間は常に戦略の修正を余儀なくされる感じ。
それが、何となく「攻めに行ってます!」っぽい感覚に近づくのかもしれない。

記録はもちろん素人レベルだったけど(^^;)、まあそれは端っから分かってたことだし。
そんなことより、みんなで何かを成し遂げたっていう充実感のほうがずっとずっと大きかった。
これは一人で坦々と走ってるのとはまったく別モノだ。
仲間がいるってホントにステキなことだな~って実感した。
それと自信ね、「やればできる」っていう自信、これが付いた。

何度も言うようですが、この大会、平日の夜にやってますからね(笑)。
普通はみんな仕事帰りなワケで(在宅の私だけ楽して申し訳ない^^;)。
そんな中で、ここまで頑張れちゃうなんて、「大したもんだよ私たち!」(笑)。
次もまた楽しく走ろうね!



最後に恒例の「みんなにひとこと」。

■コモちゃんはコツコツと地道に自主練を続けて、密かにみんなにプレッシャーかけてくれました(^^;)。
とにかく伸びしろが大きくて、当日の走りにビックリしたよ~。

■レイセンセがPPに連載してた『継続のコツ』はホントにためになったし、細かいところまで気を配ってくれて、名ばかり部長は感謝々々です。
走りもエース!で、頼りにしてますよ。

■ふららちゃんはムードメーカー、準備段階から明るいレスポンスでものすごくチームを盛り上げてくれたのはうれしかったなあ。
さすが何でも楽しむ“あそぼオバケ”、そして本番は“やれば出来る子”を発揮してくれたよね。

■ピヨねえはあり得ないほど仕事がハードな真っ最中なのに、よくぞヤル気になってくれました。
それだけでもありがたいのに、ちゃんと成果を出すところがスゴい。

■そしてQスケ、頼りない「名ばかり部長」を陰でしっかりと支えてくれて心から感謝!
ダイナミックな走りもセクシーでしたwww
あとは「よく頑張りました」のご褒美を早くください(笑)。



最後になりましたが、応援メッセージをくれた某K氏と某K氏、本当にありがとうございました(^o^)。
ちゃんと顔を思い浮かべて走りましたよ~(笑)。

★公式facebookの画像は大会事務局に転用許可を得た上で、こちらでモザイク処理をしました。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ランキング参加中 ご協力ありがとうございます↑

≫ Read More

スポンサーサイト

| 部活 | 19:24 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。