PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ホワイトデー

今年の3月14日、恐らく私は確定申告作業が佳境にさしかかっている頃だろう。
(そう言って例の如く、15日までノータッチかもしれない…w)

今年はバレンタインデーもホワイトデーも、運良く週末というめぐり合わせ。
世のカップルたちは、さぞや楽しい時間を過ごすんだろうな。

まるで他人事のようだが、私と恋人は「ホワイトデーは(特に何もしなくても)もういいよね」で合意している。
だって、もうバレンタインにプレゼント交換しちゃったから(w。

バレンタインなるものは、今年は何やら『逆チョコ』なる新たな習慣が生まれたらしいが、基本的には女子から男子。
ビアンカップルの場合は、所謂『ネコ』さんから『タチ』さんへが一般的なのだろう。
もっとも、『ネコ』と『タチ』の役割(というか認識)は、それぞれのカップルで事情も異なるとは思う。
外見とベッドの上でのそれが、必ずしも一致しない場合だってあるだろうし。

我々の場合、どっちがどっちという明確な認識は持っていない。
外見的にはふたりとも、普通の女に見えると思う…オンナというかオバサン(笑)?
(ときに、酒が入るとオッサンに変身することもあるwww)
お互いスカート姿を見たことはないが、所謂『ボーイッシュ』なタイプではないし、まあどこにでもいる普通のオバサンたちだ。
しいて言えば、背は恋人の方が7cm高く、髪は私の方が30cm長い。
これだけなら、やっぱり恋人がタチ、私がネコという風に見られるのだろうけど。

内面的には、私が恋人に依存している図式からすると、多分頼られる側の彼女の方がタチっぽいのかもしれない、普段もクールだし。
だが、彼女の豊かで繊細な感性に触れると、大雑把な私よりよっぽど女性らしさを感じる。
映画や絵画、音楽や読書…その感想を述べ合う度に、私はその感性に魅了される。
その点では、どうも私の方がタチっぽい。

もともと同性同士のつきあいはお互い初めてだし、そんなふたりだから、特に何の意識もなく、ごく自然に「バレンタインは(プレゼント)交換しましょう」となったわけだ。
だからって、「じゃ、ホワイトデーはナシね」っていうのも、確かに身も蓋もないような気がするが…(w。
それを提案したのは私。

正直言うと、私は恋人へのプレゼント選びがものすごく苦手…というか不得意で。
「つき合い始めてからまだ間がないから、好みがいまいち把握できていない」というのは言い訳だが、どうしても私は、自分のセンスに自信が持てなくて。
これまでクリスマス、誕生日、バレンタインデー、毎度悩ましい思いをしてきた。
「もらっても嬉しくないモノだったらどうしよう…」とウジウジ考える、意外とヘタレなタイプ(w。

反対に、恋人曰く、「好みがわからないなりに、こういうのどうだろう?と考えるのが楽しくて。そう、好み…『青と赤のどっちが好きか』『黒と白のどっちが好きか』そんなことからしてまだわからないんだけどww、それもまたよし、なのです」

ああ(溜息)、こういう感性が私を惚れさせる(笑)。

ホワイトデー、やっぱり何かした方がいいのかな…。


↑よろしかったら一押しお願いします

| ふたりのこと | 11:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。