PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

なんとも表現しがたい感覚

今日は週1のカイロの日。
さっきmugiqに「腰痛治療順調の連絡。よっしゃ!」などと呟かれたが、今日のは順調といっていいのかどうか…。
水川あさみ似の美人先生がドSっぽいことは前にも書いたが、SMプレイが何も「痛さ」だけではないことを思い知ったという話。



もう数回通っているので徐々に痛さは軽減してきている、回復傾向にある証拠、よかったよかった。
ところがこの数日、月末締め切りの仕事に追われ久々にPCに張り付いていたせいなのか、今日はいつもと違ったところが凝っているという。
美人ドS先生は「ん?う~ん…」と言いながら、いつもと違ったところを触り始めた。
「あー、ここ、凝っちゃってますねえ」と言ってモミモミ、それは『わき腹』。
ここをモミモミされたとき、私は40+○年の人生で初めての感覚を味わうことに…。



モミモミのとき、先生の手はパーになる。
重点を置くのは親指、その他の4本指はそれを支える支点。
親指がグイグイと中の凝った筋肉を押すので「イテテテ!やめてー!」、これは今まで通り。
ところが、支点となる4本指が触ってるところ、ここは微妙な力加減で皮膚表面を刺激していて、「くすぐったい!やめてー!」なのだ。
分かりますか?僅か10cmも離れていないところで、「痛い」と「くすぐったい」を同時に感じる、この感覚。

しかも。
こういうときの表情がいったいどうなるのか、想像してみて欲しい。
「痛い」から思わず片目を瞑って、歯を食いしばって、眉間にシワを寄せて我慢する。
なのに「くすぐったい」から思わず「ギャハハハ~!」と笑い出したくなる。
これ、同時にできますか???竹中直人でも無理だと思う。

わき腹が「痛い」のと「くすぐったいの」と、自分の脳が表情筋にどんな指令を出せばいいのか分からずパニクってる様子を感じて、もう悶絶しそうだった。
心の中では、「先生、オ、オネガイ…もう、もう勘弁してください」と叫び続けた。

なのにドS先生は容赦ない。
その手をどんどん下に下げていって…今度は前太腿をモミモミ。
ああ、悶絶。

SMプレイって、こういうのもアリなのね(笑)。



今まで同じようにモミモミされても、他の部位でこんな感覚を味わったことはないのだから、わき腹と前太腿はどうやら私のウィークポイントらしい。
そのことを恋人に告げたら、「そうか。そこがやばいのか…ww」と返って来た。
最後の「…ww」が何か企んでいそうで怪しい。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
↑よろしかったら一押しお願いします

| 内緒の話 | 19:28 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。