PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

反面教師

先週、大学時代の友人(♂)と飲んだ。
約2年ぶり。
と言っても、その前かなり長い間会ってなかったから、卒業してから5度目くらいか。
年賀状のやりとりすら、ここ数年サボっていた相手だ(w。

その数日前、突然お誘いメールが来た。
「11日に上野で飲まない?」
はぁ?これだけ!?
そのとき一緒にいた友達に見せたら、「こんなもんですよ、男子のメールって」と笑われた。
そういうもんなの?

断る理由もなかったので、OKの返事を送った、こちらはちゃんと時候の挨拶も入れながら。
その返事がまたすごい。
「18時半 上野ABABで」
また、これだけ!?
まあいい、用件は伝わったから。

前回はゼミ仲間4人(♂×3、♀×1)で飲んだから、今回もてっきりその面子かと思っていたら、待っていたのは彼ひとりだった。
「あれ?M君やS君は?」
「都合悪いんだって」
「ふーん」
彼と1対1で飲んだからって、お互いに若い頃のやんちゃっぷりを知り尽くしてる間柄じゃ、今更何も起こりようがない。
況して、今や私は男にはこれっぽっちも興味ないのだから(w。

彼の知ってる沖縄料理屋へ入った。
お互い近況報告をし合って、そのうち彼の子供の話に。
お決まりのプリクラ見せつけられ、「あーあ、ヤツもオヤジになっちまったもんだ」と心の中で呟いた。
(向こうも「オバサンになっちまった」って思ってたと思うがwww)

オリオンビールの後は、泡盛を結構いいペースで空けていく。
私は今まで泡盛をなんとなく敬遠していたのが、飲んでみたら案外飲み易かった。

学生時代、ウチのゼミは何故か体育会の人間が多く(私もそう)、中でも彼は応援団の団長をしていた。
だから、酒は人一倍強い。
一升瓶イッキとか平気でしてた(させられてた)もんなあ。

ところがどうも様子が変だ。
アレ?寝てる?(笑)
呂律が回らなくなって、某○川大臣の記者会見にそっくりだ。
あんた、さっき某○川大臣のことを散々っぱら批判してたやろがー!
仕方ない、彼は大臣ほど偉くはないのだから(w。
しかし、こんなにも弱くなろうとは…元応援団長が情けない。

店を出たら、完全に千鳥足の酔っ払い。
酔った勢いで私に抱きついてきた、陳腐な口説き文句を言いながら(笑)。
こんなオバサン相手でも、どうにかなるならどうにかしたいと思ったんだろう。
「はいはい。でもアタシ、男に興味ないんだよねー」
「分かった分かった。でも、オ・ト・コには興味ないんだってば」
「オンナの方が興味あるある」
酔っ払ってるから聞いちゃいないし、ささやかなカミングアウトをしてみた(笑)。

それにしてもこのまま放っといたんじゃ、その辺の路上で朝を迎えそうな雰囲気。
帰る方向は真逆だったが、とりあえず彼の最後の乗換駅まで連れて行って、電車に放り込んだところで「はい、さよーならー」。
お陰で、私は危うく終電を逃すところだった。

こんな情けないオヤジたちの光景は、週末の繁華街にいけばあちこちで見られることだろうが、つくづく「酔っ払いってヤーねえ」と思った。
と同時に、これまで自分が記憶のない部分でこんな醜態を晒していたかもしれないと思うと、急に恐ろしくなってきた…その可能性はかなり高い(汗)。

うーん、今回のこと、『反面教師』としてしっかり心に刻んでおかねば!


↑よろしかったら一押しお願いします

| 日常 | 16:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。