PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

なんとか無事終了~ その1

何のことかと言うと、とんちん幹事のことです。

珍しく私が早く書いたと驚かれる人も多いかと思うけど、今回は罰ゲームなしなので勘違いなさらないように(笑)。
たまにはスキマ記事じゃなく書いてみようと思っただけw。



これまでBBQや登山部、はたまた長野ツアー、チャリンコツアーなど、大勢でのイベントに幾度かピンで参加せてもらってきたが、今回は自分が幹事、しかも恋人と一緒に参加という二重の「お初」で、果たしてどうなるものかと不安でいっぱいだった。
大きなトラブルもなく、一昨日なんとか無事に終えることができたけど、私と恋人だけではこうはいかなかった。
参加したみなさんがあちこちの場面で助けてくれたお蔭です、本当にありがとうございました。

とりわけ「隠れ隊長」として、企画の段階からずーっとコンサルし続けてくれたふららちゃんには本当に感謝々々です。
当日もボケーっとしてる私に適宜ナイスアドバイスをくれて、細かい気配りに「やっぱり慣れてる人は違うなあ」と目を見張るばかりでした(^^;)。
ふららちゃん、本当にありがとね!

というワケで、とん吉(エモ)・ちん平(Q)・かん太(ふららちゃん)プロデュース『お魚ツアー』(もうタイトル長過ぎなので略しますw)が始まった。

tontinkan.jpg



今回の目的地はここ
観光バスはもちろん、遠く関西や四国ナンバーの車も見かけるほど有名な漁協食堂だ。
私は、かつて海の向こうのクライアント先に通っていたころにそこのパートのおばちゃんに連れてってもらったのが初めてで、その後も何度か訪れたことがあった。
清兄やふららちゃんも行ったことがあるということだったので、『お魚ツアー』の話が持ち上がったとき即決でここに決まった。

しかし、折角海の向こうまで足を延ばすのに宴会だけじゃもったいないよなあ。
というワケで、その前にハイキングと釣りを楽しもうじゃないか!というプランにした。

釣り部は部長の清兄にお任せすることにして、清兄&サマンサ、きんちゃん&mamaさんが参加。
(清兄曰く「サマンサとmamaはお昼寝部w」ということだったが…^^;)

そして登山部中心で企画したハイキングというのが、鋸山(のこぎりやま)登山。
果たしてどれだけの参加者がいるかなあと思ったが、結構な人数が集まってくれた。
中でも、過去あれだけ頑なに登山部入部を拒否していたイッチーを説得して参加してくれたぜんじーには、絶大なる拍手を送りたいと思う。
あ、配車の都合でハイキング強制参加になった可哀想なコバヤシくんもいたね(笑)。

そんなワケで、ハイキング部12名が朝8:00に海ほたるに集合した。
前夜、「寝なきゃ寝なきゃ」とか「興奮して眠れない」などとツイートする参加者を見て、「大丈夫か?」と心配だった。
中でもkaracomaちゃんは体調を崩していて、ホントに無理はしないでねと思っていたのだが、「なんとか大丈夫そうです」という菩薩スマイルをこの目で見たら、私も安心した。
そのkaracomaちゃんとたーみー、そして夜行バスで駆けつけてくれたイクラちゃんをピックアップしてきたふららちゃん&ピヨねえ、お疲れさまでした。
コモちゃん&レイセンセもオシャレな山ガールスタイルで流石です(ただレイセンセがヒールだったのには驚きw)。
コバヤシくんとQをピックアップしたエモ号は途中渋滞にはまってしまい若干遅刻、スミマセン(^^;)。
「遅れそう」と連絡をもらっていたぜんじー&イッチーも、20分後には無事到着していた(らしい^^;)。
やっとつながったケータイで喫煙室から「今どの辺?」と聞いたら、「?…カフェの奥」と返され、慌てて飛び出したのは言うまでもない。
これで全員揃ったね。

清兄たち釣り部は我々よりずっと早く出発していて、もうどこかの港で部活開始しているころだった。
お天気にも恵まれて、ホントにラッキーだった。
さあ、我々ハイキング部はそこから一路、鋸山へ。



ここは「日本寺」というお寺の敷地内になるので、拝観料を払って中に入る。
山頂まではいくつかのルートがあるとはいえ、どれも延々と続く石段を登って行かなければならない。
整備された石段だから普通の山道よりはずっと歩きやすいのだが、それでも上を見るとガックリきてしまう(^^;)。

実は私は去年恋人とここを訪れている。
そのときは予備知識がなかったもんだから、よりによって山頂までノンストップで階段が続くいちばんキツいコースを選んでしまった(踊り場さえないから休憩のしようがないのだ)。
私より健脚であるはずの恋人ですら後日、「あのときは途中で『もう引き返そうよ』ってノドまで出かかってた」と言っていた。
だから今回は念入りに下調べをして、穏やかな別ルートで行くことを計画していた。
そしたらなんと、またもやふらピヨコンビが下見をしてきてくれて、「これなら大丈夫だよ」との太鼓判をもらった。
ああ、ホントにこの二人の行動力には脱帽です!!!

そんなワケで、今回は途中見どころのいくつかある「気が紛れていいんじゃない?」的なコース(笑)を登った。

IMG_3163-1.jpg

IMG_3163-2.jpg
『不動滝』
「茫々たる宇宙人」ってナニ!?って思ったら、これは「茫々たる宇宙(ぼうぼうたるうちゅう)、人無数(ひとむすう)」って読むらしい。
意味は…分かりません(^^;)。

IMG_3186-1.jpg
『百躰観音』

IMG_3164-1.jpg
『切通し』では音が反響するのが面白くて、みんな「わー!」って叫んでみたり、手を叩いてみたり。
そしてそこを抜けると…

IMG_3167-1.jpg
『百尺観音』がドーン!
やっとここまでたどり着いたが、お天気もよかったせいで既に汗ダクダクだった。
ここは日が陰っているから涼しくて、生気が蘇るようだった。
しかし、目指す山頂はまだまだ先。
そこから上を見上げると…

IMG_3169-1.jpg
目指すはここ!その名も『地獄のぞき』。
ここだけ岩が突き出していて、柵がなかったら絶対ムリ!
柵を作った人の勇気に拍手。

ここまででようやく半分くらい来たところか?と思っていたら、『地獄のぞき』までは案外すぐだった。
ちょっとあっけなかったかも(笑)。

IMG_3180-1.jpg
『地獄のぞき』に到着。

「大丈夫かな?ハイキング不安~」と言っていたみなさんも全員無事登頂成功、パチパチ!
案外楽勝だったでしょ(笑)?
山頂では違うコースから登ってきた犬連れのご一行に遭遇し、「犬でも登れんじゃん?」って思ったでしょ(笑)?
さ、これで山登りの楽しさを分かっていただけたかな?
次回参加もお待ちしております。

下りは一気に降りる最短コース(去年私が登ったコース)を選択。
これがまたあっけないほどに早くて、登りと下りの違いを思い知らされた。

最後に大仏広場で休憩。
IMG_3187-1.jpg

怪我なく全員無事だったことに感謝しつつ、次の目的地へ移動。
と思ったら、駐車場でサッカー始める小僧が出現!
なんでボール積んでんの(笑)?ふららちゃん!
よく見たら、ウチのQまで真剣にサッカーやってるじゃないか?まったくもう(笑)。

どんなときでも遊び心を忘れないステキな仲間たち。
いつまでもその心を持っていようね。
そして、いつか真剣にサッカーやりましょう(笑)。

長くなったので、一旦ここまで。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ランキング参加中 ご協力ありがとうございます↑

| 部活 | 17:55 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

さっすがぁ。早い!メイン幹事i-189

まずは無事に終わって何より。
本当にお疲れ様っ!そしてありがとう。

エモQカップルの幹事デビューに
レイと共に参加出来て嬉しかったです。

秋の思い出の1ページに・・・
幹事のレポをリンクさせていただきますわっ(^^ゞ
だって、写真同じなんだもーん(笑)

| コモ | 2011/11/01 00:53 | URI | ≫ EDIT

な、なんとビックリ!!早いっす!エモりん幹事 笑

天気もよかったし、大人の遠足って楽しいねぇ♪

今度はさ、旅館かどっかの大広間みたいなとこで

飲めや歌えの大宴会やりたいな~~♪





| 清志 | 2011/11/01 09:56 | URI |

コモちゃん

珍しくて雪が降るかもよ~(笑)。

エモQデビュー戦を見守っていただけて感謝感激です!
2回戦もよろしくね(笑)。
(まだ未定だけど^^;)

| エモ | 2011/11/02 09:46 | URI | ≫ EDIT

清兄

あはは、そう、今回はフェイントかけてみました(笑)。

そうですね、お座敷にすればよかったですね。
旅館=泊りなら、運転手も飲めるし、帰りの心配も要らないし、いーですねー(^^)。
誰か企画しないかな~?なーんつって(笑)。

| エモ | 2011/11/02 09:49 | URI | ≫ EDIT

よい海 よい山 よい人たち

とん吉(エモさん)・ちん平(Q)で幹事、
かん太(ふららちゃん)の監修…のはずが、
ホントに私ったらちっとも役に立たず、
かん太さまにすっかりお世話になりました。

ありがとうございましたっ。
釣り部&お昼寝部とのスムーズな合流も、
とんかんきよ(兄)のナイスな連携のおかげです。

ちん不要も同然…
って、あら? これなんだか意味深いィ?
(下品ですみません;)


無理せず、のんびりした“大人の遠足”でしたね。
目一杯遊びまくってヘロヘロで帰宅~も充実感あるけど、
それはまた違う機会にゆずりましょう(^^)。
秋のスコーンとした青い空の下、
あんな風にゆるくリラックスした気持ちで過ごせて、
これもまた善き哉、と皆さんに感謝しました。

| Q | 2011/11/02 18:53 | URI | ≫ EDIT

ちん平ことQスケさん

ちん不要(笑)なんてことあるワケないじゃない(^^;)?
十分ホステス役を果たしてくれたと感謝してますよ♪
ありがとう(^o^)。

| エモ | 2011/11/04 14:26 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。