PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私が髪を伸ばす理由

この前のデートで、恋人のスカート姿を初めて見た。
「あれ?スカート穿いてる」
「そりゃスカートぐらい穿くでしょ、OLだもん」
今まで見たことがなかったから、なんか新鮮だった。

そういえば、冠婚葬祭を除いたら、私は暫くスカートを穿いていない。
今は在宅仕事なので普段はほとんどジーパンだし、たまに出かけるときもパンツで済ませている。
その昔、私もOLだった頃は、普通にスカートを穿いてたのになあ。

パンツでいるのは、何より「楽だから」というのが理由のひとつ。
電車で座ったときに、必死で膝を揃えなくていいし(w。
あとは、年齢と共に寒がり度が増してきて、冬場にスカートは辛いというのもある(オバサン度が増していて情けない)。
逆に、夏場は虫刺され対策だったりもする。
それと、もうひとつ、今は髪が長いから。
男に間違えられる心配がない(笑)。



昔ショートヘアだった頃、男に間違えられたことがある。
あるイベント会場の女子トイレに入ろうとしたら、係員に「そっちは女子トイレです」と呼び止められた。
驚いて「そうですけど?」と言い返したが、係員は「?」な表情。
ムカっときたから「女子で・す・け・どっ!」と言ったら、やっと分かったらしく「あ…どうぞ」と言われた。

背も高くないし、化粧もしてた。
なのに間違えられたのは、ジーパンで刈り上げ(その昔流行った『テクノカット』ってヤツw)な上に、そこがプロレス会場(もともと女子は少ない)だったから…そういうことにしておこうと、自分を慰めた。
あとで友達に話したら、「あー、エモはわりと男顔だもんね」と言われたが、『男顔』っていったいなんだよ!?
確かに子供のころから、父親そっくりと言われてはいたけれど。

まあ早い話が、男に間違えられないためには、スカートを穿くか髪を伸ばすか、だったわけだ。
これまでスカートを選択した時期もあったし、髪を伸ばす方を選んだ時期もあった。



基本的に、自分のヘアスタイルはショートカットがデフォルトだと思っている。
流石にテクノカットなんて今更御免だけど(w、ロングヘアでいる間はなんとなく素の自分ではないような感覚に囚われることがあった。
それでも何度か髪を伸ばした時期があったのには、実は別な理由がまたまたあって、それは「神輿を担ぎたい」から。
神輿を担ぐには、やっぱり『ひっつめ』でないとね。

根っからの『お祭り野郎』で、祭りというと血が騒ぐ。
今でも、実家の方のお祭りには欠かさず神輿を担ぎに帰る。
そこの神社の例大祭は『表』の年と『裏』の年があって、神輿が出るのは2年に一度、『表』年だけ。
それに合わせて、2年に一度髪を伸ばし、祭りが終われば即バッサリと切る。
これを何度も繰り返してきた。



去年の9月、例大祭が終わったあとに、いつも通り髪をバッサリ切るつもりだった。
ちょうどその直後に、恋人と初めて逢う約束をしていた。
メールで「髪長いです」と伝えてしまっていたから、もう暫くこのままでいようか、切るのはいつでもできるし…。
そう思い直した。

逢ってみて、ひと目惚れして、なんとなくそのまま切るタイミングを失していた。
多分OKの返事をもらうまで、極端にイメージが変わるのを避けたかったからなのかもしれない。
というより、逢う前から恋人を好きになっていた私は、徐々に自分の女っぽさに目覚めていった感があって、逢ってみてより一層それを意識しだしたような気がする。

メールで「女性として女性が好き」と恋人は言っていた。
それは恐らく外見ではなくメンタル的なことを言っているのであろうと思ったが、好かれたい一心の私は、無意識に自分の中の男っぽさを排除しようとしていたのかもしれない。




去年の12月、「邪魔だから、髪の毛切ろうかな」と言った。
そのときは既にお互いの気持ちを確かめ合っていたから、もう外見的に女っぽさを強調しなくてもいいかな?という気になっていたし、何よりホントに邪魔だったから、Hのときに(笑)。

「切らなくていいんじゃない?」

深く考えた風でもなく、さりげなく発したひとことだったから、恋人自身はそんなことを言ったことさえ忘れているかもしれない。
果たして長い髪の女性が好みのタイプなのか、聞いたこともない。
ただ、「このままがいい」という恋人の願いを素直に受け入れたいと思った。

「あなた好みの女になりたい」などと、それこそ昭和歌謡のような粘着質で重たいのは(笑)、恋人も勘弁だろうし私も勘弁だけど、「このくらいの願いならきいてやろうか」と思える自分が自分でも意外で、なんとなく笑ってしまった。

つくづく恋をしているんだなー、と実感(w。


↑よろしかったら一押しお願いします

| 日常 | 18:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。