PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

やっぱりオヤジ系が落ち着くのです

小田原デートのあと、軽~くランチデートを一度した。
たまたま恋人の仕事場近くに用があったのと、前日にL友から預かった品(駅伝部のごほうび=某センセのお手製ケーキ♪)を届けたかったのとで、無理やり呼び出した。
ま、その辺りは“こじつけ”で、本音は私が逢いたかったから、に過ぎないんだけど。

そんなことは恋人もとっくにお見通しだろうし、内心「しょうがないねえ(^^;)」とも思っていたんだろうけど、「(忙しくて)暫く寂しい思いをさせてしまった」っていう負い目がまだあるようで、時間をやり繰りしてくれた。
弱みにつけ込んじゃったかしら(^^;)?

「今度はちゃんとデートしようね」と申し訳なさそうに言う恋人を見ていると、自分が如何にワガママで子どもか、とも思うけど…反省(^^;)。




で、先日やっと“デートらしいデート”。

代休(といっても仕事は待ってくれず半休)の恋人とは山グッズ屋さん(「登山用品店」なんて言い方は堅すぎる気がするのでw)で待ち合わせした。
「『ひと月ひと山』はどこへ行っちゃったんだ?」というくらい山から離れていたこの半年だけど、そろそろ登山部も復活しないとね。
今年はちょっと高い山に挑戦しようって話もあって、恋人の心はもうすっかり夏山登山へ傾いている(私はちょっとビビっている^^;)

趣味の道具を見ているときって、ホントに楽しい。
あれやこれや物色しながら、「あーでもない、こーでもない」と言いながら、この夏の山に心を馳せていると、あっという間に時間が経ってしまう。

いけない、いけない、今日は他にも行くところがあるのよ!




恋人オススメの地中海料理店へ向かった。
ここは以前、恋人の誕生日祝いで行ったことがある(そのときは西麻布にあった)

IMG_5050.jpg
恋人の好物、ガルバンゾー(ひよこ豆)のディップ

IMG_5052.jpg
真鯛のローズマリー・ロースト

IMG_5054.jpg
マグロの香草焼きトンナート(ツナソース)

実は、3月に私が初のランニング大会(駅伝じゃなくてソロ)に挑戦したんだけど、恋人は前々から「もし予想タイムを切ったら、ここでお祝いを」と考えていてくれたらしい。
今やすっかり私の『オイデ監督』となっている恋人(高橋尚子に対する小出監督のようにいろいろ指導してくれるから。そしてゴールで「ここまでおいで~」と待っててくれるからw)
そのオイデ監督のお蔭でいい結果が残せたので、白ワインで乾杯。
IMG_5051.jpg

どの料理も絶品で、特にトンナートは初めてだけど、今まで知らなかったことが悔やまれる美味しさだった。
但し、どれにもオリーブの実が添えられている、地中海料理なんだから当然といえば当然ね。
私は苦手なので全部恋人に担当してもらったけど、そんなことも3年前と変わらない(笑)。




ランチのあとは映画。
恋人が「これ観たいのね」というので『カルテット』を観に行った。
ダスティン・ホフマンの監督デビュー作だそうだ。
カルテット

イギリスにある老人ホーム、ここにいるのはリタイアした音楽家ばかり。
ホーム存続のため、この“元”音楽家たちがオペラコンサートを開催することになるが、かつて「名カルテット」と謳われた4人には確執があって、果たして無事コンサートは開けるのか?
…ってな話。

コメディタッチでクスクスといった笑いはあるけれど、華やかだったピークを過ぎてもなお残りの人生を豊かに生きようとする彼らには勇気をもらったなー。
全編に流れるキレイな音楽も心地よくて、一瞬夢に誘われてしまったけど(笑)。
うん、いい映画でした。




映画を観終わって出てきてもまだ明るい、ホントに陽が延びたなあと思う。
「まだ一杯くらいいいよ」という恋人について歩いて行くと、また山グッズ屋さんに入ってった、アレ?アレレ~(^^;)?
まっいっか、山グッズ見てるときの恋人はそりゃもうウキウキ楽しそうなんだもん、もちろん私もだけど(笑)。

店員さんにいろいろ教わりながら靴の試し履きをして(私はさっきのお店でもしたけど^^;)、でもまだ買わないw
今年の夏山は難敵だから、靴も慎重に選ばねば。




外は暗くなっていたけど、「まだ平気」というのでお気に入りの焼き鳥屋へ向かった。
前回とまったく同じ席に案内されて笑っちゃったけど、あのときは…そうそう、年明け初デートだったんだ。
〆に頼んだ親子丼がボリュームたっぷりでギブアップだったことを思い出した。
「『これ、飲み屋の〆じゃないよ~』なんて言ったんだよね(笑)」と、恋人も思い出したらしい。

この日は2杯ずつ飲んで〆はパス、1時間ほどで店を出たけど、久しぶりのビールが美味しかった。
ちょっと肌寒いくらいだったのに、一口飲んで、思わず「プハ~!」と言ってしまった(笑)。




ある日のデートを綴ってみたけど、こうして見ると、昼間は若者ぶって山グッズやら小洒落たレストランやら映画やら行ってるクセに、結局、最後の最後はやっぱりオヤジ系に辿り着くのね、私たちって(笑)。

まあ、それがいちばん落ち着くのだから仕方ない。
そういうところで価値観が同じなことに、つくづくありがたみを感じる。
焼き鳥&ビールが「この人でよかったわ」と思い出すカギなのです(笑)。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ランキング参加中 ご協力ありがとうございます↑

| ふたりのこと | 18:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。