PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんなことってあるのね~ その1

「ネコブログと化すかも」と言いつつ、すっかり過疎化の芋。
他の親戚連中のブログもほぼ同様だけれど、おそらくリア充すぎて「今更ブログに書かなくても、みんな知ってるし(^^;)」的な感覚なのかも。
ちょっとした日常のことは、ツイッターで呟けば済んでしまうというのも一因ではあるか。

もう一つのほうは、まあ惰性と言ったらナンだけど、100%自己満足のためであり、ここまでやってきたからある意味「意地」で続けてるところもある。
それでもある種のコアな読者(笑)にとっては、あれが生存確認にもなっているらしい。

それが、昨日までの10日間ほど、のっぴきならない事情で中断せざるを得なかった。
毎日更新していたものが何の予告もなく途切れたので、「何かあったのか?」と心配してくださる方もいて、それはそれはありがたいことだと思った。
そんな読者の方にはあんまり心配かけたくなくて、恋人が「管理人は現在インフルエンザで」というコメントをしといてくれたのだが、実は実は…。




先々週の金曜日の午後、突然の腹痛に襲われた。
はじめは普通に「お腹こわしたのかな?」程度だったのが、段々と尋常じゃない痛みに変わってきた。
その日は夜にスキマデートを予定していたのに、とてもじゃないが動けない。
恋人に泣く泣くキャンセルのメールを入れたが、その短文メールを打つのでさえ辛かった。
3時間ほど横になって唸っていたのだが、どうにも治まる気配がなかったので、覚悟を決めて119番した。
10分ほどで救急車が到着し、近所の救急病院に搬送された。

相変わらず痛みが続く中、レントゲンやCTで検査した結果、「バリウムが残ってますね」。
はあ!?
遡ること5日前、この病院で定期健康診断を受けたばかりだった。


尾籠な話で恐縮だが、普段の私は便○症でもないし、事実健康診断の翌日から毎日ちゃんとお通じもあった。
なのにバリウムが残ってるって!?
そんなことあるのか?と俄かには信じられなかったけど、原因が分かっただけマシか…。

とはいっても、痛みが減るワケじゃない。
とにかくこの痛みを今すぐ何とかしてくれ!としか思わなくて、もうこうなったら恥かしいとか言ってらんない!
「痛い!痛い!痛い!」と大声で叫び続けた(こんな姿、絶対誰にも見られたくない^^;)
痛み止めの点滴を受けながら、医師たちが浣○や○内洗浄の処置をしてくれたけど効果なし。
石灰化したバリウムが腸壁に癒着してしまっているらしい。

「腸の動きを促す薬を点滴しながら様子を見ましょう。それでダメなら外科的処置をします」と言われ、そのまま入院することに。

ちょうどそのとき、心配した恋人からケータイに電話があった。
「入院だって」と伝えるのがやっとだった。




「家族に連絡を取ってくれ」と言われて家人に電話をしたら、なんと間の悪いことに家人は家人で別の病院でインフルエンザと診断されたばかりだという。
確かに前日から具合が悪いとは言っていたが。

「インフルエンザでは病院に来てもらっては困る」と言われ、誰にも頼ることができず、更には私までインフルエンザの疑いがかけられ(熱が39度台だったから)、個室病棟に隔離された。

まさか入院するなんて思ってないから、ケータイのバッテリーがいつ切れるのかだけが心配だったんだけど、このときはまだ「明日には退院できるだろう」くらいに甘く考えていたので、とりあえず恋人に「心配ない」とだけメールして、熱で朦朧としていたこともあってそのまま眠ってしまった。

| 日常 | 19:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。