PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんなことってあるのね~ その3

入院4日目までに3回もインフルエンザ検査されたけど(鼻の中に棒を突っ込まれるのって案外痛いのよ~)、すべて陰性だった。
やっと疑いが晴れて、微熱が続くものの、夕方には個室の軟禁状態から解放された。
今度は8人部屋へ移動して、点滴スタンドをガラガラ言わせながら歩き回れるようになった、ヤホーイ(^o^)!

ところがところが、病棟にはこんな貼り紙が。
「インフルエンザ陽性患者が発生しております。感染拡大を防ぐため、病棟内での移動は極力避けてください。また、全病棟において、緊急時のご家族以外の面会は制限させていただきます」
ってワケで、トイレと洗面以外はまた病室にこもることになってチョー退屈ったらありゃしない。
それでもあまりに退屈なので、こっそり新聞・雑誌を買いに売店に行ったりはしたけど(^^;)。

この4日目の夜、なんとかケータイ充電器を入手できたので、それからは恋人とのメールでのやりとり(と、益戸先生の回診w)だけが楽しみだった。
(通話はアウトだけど、何故かメールは黙認だったのです。医療機器に繋がれた患者がいなかったからかな?)

個室にいる間は、熱で臥せっているのとバッテリー切れを気にして短いメールのやりとりしかできなくて、こっちからは状況を伝えるのが精一杯。
それでも恋人は、「何でも言ってね。行くから!」「私にも遠慮なく何でも言って!」「何か私にできそうなことがあれば遠慮なく言ってね」「レスはいいからね」「レスは気にせずにね」と、そりゃあとってもとっても私を気遣っていてくれた。

それが、軟禁状態から解かれた途端、早速「どこの病院なのか教えて」とメールが来た。
このときはまだ面会制限の貼り紙を知らなかったから、「やだよ。知らせたら来る気でしょw?」と返した。
4日も風呂に入ってなくて、病衣に点滴でヨレヨレの姿なんか恋人に見せたくなかったんだもん。
そしたら恋人からこんな返事が。
「逆の立場だったら、教えろ教えろって大騒ぎして、あげくに『あのとき教えてくれなかった…』とか『仕方ないけど、少しショックだったかも』とかって、いつまでも話題にすると思うのね(笑)」
アハハ、アハハ、よく分かってらっしゃる(笑)。
うん、間違いなく私だったらそうするな(笑)。
まあ結局のところ、面会制限ありってことで納得してもらったけど、未だにそのことを笑い話的に言われてる(^^;)。




5日目も完全に絶食、はあ~退屈…。
翌6日目に、平熱に戻ったのと、血液検査で炎症反応が減ってきてるのとで、やーーーーっと益戸先生から「少しずつお食事摂ってみましょうか」とのお言葉がもらえた(^o^)。

とはいうものの、最初は重湯ですよ、お・も・ゆ。
米対水が1:10、更にそれをガーゼで漉している。
まったく以て「障子貼りの糊」ですわ。
P1110197.jpg

このおもゆが3食続いて、翌日三分粥に変わった。
「今日の昼食から三分粥に昇格w」と恋人に伝えたら、「おおっ、そりゃめでたい!(^^)」と返してくれた。
そんな些細なことでもよろこんでくれるとはw

一日ずつ、三分粥から五分粥、五分粥から全粥、全粥から白飯へと昇格していった。
IMG_7008.jpg

にしても、「胃潰瘍食」ですよ(^^;)。
味噌汁だって実ナシ、おかずだってなんだか分からない野菜のペーストとか、豆腐のあんかけとか、そんなんばっか。
栄養は点滴で補ってるから、フラフラするとか空腹感で辛いとかはまったくないんだけれど、逆にこのあまりにも味気ない食事を口に運ぶのがなんとも辛かった。
だって食事とは思えないんだもん。
普段好きなものを食べられるっていうことがどんなに幸せかって思い知りましたわ。




で、10日目にしてやーーーーっと益戸先生から退院許可が下りた。
ああ、益戸先生ともこれでお別れねって思うと、ちょっと胸がキュンとしてしまった(^^;)。


この入院騒ぎで、あの「10年に一度の大雪」も、「ソチオリンピック開会式」も、病院のベッドで眺めることになった。
ここは救急病院だから、大雪の翌日は救急車の搬送がいつもより頻繁だった。
看護師さんの話だと、やっぱり雪で転んだ人が多かったらしい。

退院の日、窓から見える道路にはまだまだ雪が残っていた。
クルマもまだチェーンを着けて走っている。
生憎家人は仕事で外出中だったので、迎えに来てもらうのは諦めて徒歩で帰ることにしたんだけど(十分徒歩圏内だったからね)、これで転んで病院へ逆戻りした日にゃシャレにならねーな、と思いながらトボトボ歩いて帰った。




家に帰ったら、何はさておきまずすることは「タマに思いっきりスリスリ」と心に決めていた。
だって10日も離ればなれだったんだもん(泣)!
玄関を開ける音に反応して、タマが「ミャ~」と鳴いた。
「タ~マ~!会いたかったよぉぉぉぉ!」と抱っこして驚いた、「おもっ!」。

この10日間でタマが太ったのか?はたまた私の腕の筋力が落ちたのか?
あれからタマをダンベル代わりにして、今は腕の筋力を鍛えている真っ最中です(笑)。

| 日常 | 19:25 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

あらま、大変だったんだねぇ

入院してたのかぁ

とにかく退院できてよかった♪

んでバリュームのせいだったの?

| 清志 | 2014/02/14 13:33 | URI |

清兄

お蔭さまで無事退院できました(^^)。

> んでバリュームのせいだったの?

そうなんですよ、バリウムが固まって腸壁に癒着しちゃったんですねえ。
これまで何度もバリウム飲みましたけど、こんなん初めてです。

お医者さんからは「次の検診からは胃カメラにしてくださいね」って言われちゃいました(^^;)。

| エモ | 2014/02/14 16:56 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。