PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

火と水

恋人は私のことをエモーショナルだと言うが、私に言わせれば恋人はものすごくクールだ。
なれそめはいずれ書く機会があるだろうが、基本的には私が一方的に押して押して押しまくった。
まぁ、ひと目惚れに近いんだろうな。

なかなかYESの返事を貰えなくて、その間とにかく押せ押せの一点張りだった私に根負けしたのかもしれない。
「それじゃあ、お付き合いしてみましょうか」となった後も、恋人から「好きだ」と言われたのはたった1回しかない。
それも、「私、アナタから『好きだ』って言われたこと一度もないけど?」と言ったら、一瞬の間も置かずに「好きだよ」とあっさり。
そのときは「そんな、取って付けたような言い方しなくたって…」と思わず返してしまったが(笑)。

まあお互いいい歳なので、そんな言葉を口にするのは恥ずかしいのは分かる。
私だってエモーショナルになるのはメールに限ったことで、実際面と向かってはなかなか言えない。
しかし、恋人はメールですらなかなか表現してくれない。

ところが実際の行動となると、恋人の方が大胆になる。
クールな顔をしたまま、私がびっくりするようなことを平気でしてくる。
あとでそのときのことを「ドキドキした?」と訊ねても、「別に」と言う。
本当にクールな人だ。

火と水…これがちょうどいい関係なのだろうなと思う。

| ふたりのこと | 20:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://imojochusuki.blog89.fc2.com/tb.php/3-ddaa690c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。