PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

映画祭のそのあとで… 【前編】

『東京L&G映画祭2009』のクロージング作品は、イギリスのLモノ・コメディ『ストレートじゃいられない』だった。

ロンドンを舞台としているが、白人は出て来ない。
登場人物はパレスチナ系とインド系の移民ばかりだ。
主役の二人、パレスチナ系のタラはクリスチャン、インド系のレイラはイスラム教徒。

まずは主役の二人が美しくて、それだけで高得点でしたな(笑)。
個人的には、インド系のレイラがストライクど真ん中♪

200907290854367d5.jpg

20090729085448d7c.jpg

20090729085442550.jpg

20090729085429e6e.jpg
左がタラで、右がレイラね(笑)。

宗教・人種・民族を根底とする価値観の違いは、我々日本人にはどうしてもピンとこないテーマで、はじめのうちはストーリーを追いかけるだけで精一杯だったが、それでも次第に二人のラブストーリーに引き込まれていった。

裕福な家庭に育ち、婚約破棄を4度も繰り返して自由奔放に生きてるように見えるタラが、実は封建的習慣に縛られてカミングアウトできなかったり、逆におとなしい性格で家族思いのレイラが、いざとなると積極的な一面を見せたり。

自分に正直に生きようとするレイラが、両親にカミングアウトするシーンは印象的だった。
娘が何を言いたいのか薄々勘付いている母親は、話題を次々と変え、決定的な一言を言わせまいと必死になる。
それでもレイラは「私、ゲイなの!」と言う。
取り乱す母親、そこに父親が戻ってくる。
「パパ…私、ゲイなの…」
「そりゃまた急な話だな」と言う父親に客席からはクスクスっと笑いが起きたが、そのあとに「大丈夫だ、心配ない」と娘を抱きしめる父親の姿が映し出されると、シーンとした中にも鼻をすする音が…。

「私と一緒に生きて」と言うレイラに、「愛しているけどカミングアウトはできない。ヨルダンでは許されないことなのよ」と訴えるタラ。
一度は別れる二人だが、そこは上手いことハッピーエンディングにまとめられている。
ちょっと強引な持って行き方だなと思わなくもないが、主役の二人が美しいから許す(笑)。
ところどころに笑いがちりばめられていて、観終わった後味がなんとも言えず良かった。

カミングアウトするしないの選択は、宗教や人種の違いによる理由ばかりではないと思うけれど、少なくとも現代社会においては、世界中のどこにも社会的にノーリスクでカミングアウトできる場所はない。
この映画のように、カミングアウトがストーリーの大きなファクターになっている作品が作られているのがその証拠ともいえる。
将来、「昔のゲイ映画ってカミングアウトがテーマだったりするのよね~(笑)」みたいな時代が訪れることを祈る。

エンドロールが流れ始めると、大きな拍手が沸き起こった。
これで今年のお祭りもとうとう終わり。
また来年いい映画に出会えることを期待して、客席を立つ。

さてさて、映画が終わってコモちゃん&レイセンセと最初に交わした会話が、「どっちの子がタイプ~?」だった(笑)。
私は断然レイラ派なのだが、コモちゃんとレイセンセは揃ってタラが好みだそうだ。
あらあら、仲のおよろしいことで(w。

ロビーに出てみると、まだ余韻に浸っていたいお仲間たちがワイワイガヤガヤとやっていた。
恐らく多くのお仲間が、このあと二丁目へ繰り出すんだろうな。
時刻は間もなくPM10:00になろうとしてる。
残念だが二町目に繰り出す余裕はない、だがこの感動と興奮をひとりで持って帰るんじゃ、あまりに淋しい。

「1杯だけやってきますか?」
当然でしょ!そう来なくっちゃ(笑)!(端っからそのつもりだったしwww)

というわけで、またまた長くなってしまったので、次に続きます(笑)。
実はここからが本日のハイライトです(爆)。


↑よろしかったら一押しお願いします


やっぱり主役二人の美しさを見て貰いたい!と思って、画像を追加しました(笑)。

| 日常 | 22:55 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

(・ω・)ノエモ先生!
自分、一度も、セクマイ系の映画・ドラマ見たことないんです。
本題からそれますが、ラブシーンが恥ずかし過ぎて見れないのです。
だいたい、セクマイ系のものってラブシーンついてますよね?笑
>将来、「昔のゲイ映画ってカミングアウトがテーマだったりするのよね~(笑)」みたいな時代が訪れることを祈る。
ほんと、そうなったらいいです…
切実に思いますよw

| 伯飛 | 2009/07/29 22:40 | URI | ≫ EDIT

さすがです。エモさんの巧みな描写が主役の二人の女性の美しさを更に引き立てますね~
素晴らしいレポートに感激!
この調子で後半の記事をチャチャっと書いたら、「天国へGO」の執筆をお願いします。
発売前から並んでいます。

| レイ | 2009/07/30 00:00 | URI |

映画祭レポ!お疲れちゃん~♪
天国へ…の記事…おもいっきり
楽しみにしちょるぞよ~♪(ラン~ララン~♪)
私事だけど…ブログ再始動したよ~(^-^)

| ζ | 2009/07/30 18:05 | URI | ≫ EDIT

Re

確かに美形カップルですね♡
(画像、アリガトです)
私は、レイラさんに一票です!

| gabrie | 2009/07/30 22:15 | URI |

びーやん

ええ?そーなの?
なんか可愛いね、びーやん(^o^)!
ドキュメンタリー以外では、やっぱりセクシャルがテーマにならざるを得ないから(今はね)、
ラブシーンは外せないのかもしれないね。
中には、この映画みたいに「美しい…(溜息)」と感じさせるラブシーンもあるから、
恥ずかしがらずに見てごらん(^o^)。

| エモ | 2009/07/30 23:16 | URI | ≫ EDIT

レイセンセ

ええ、ええ、分かってますって!
後半の記事、チャッチャと書きたいんですけどねえ、
なんせレイセンセ&コモちゃんのご指導が濃ゆ~いかったので、
なかなか難しいんですよ~(笑)。
今、半分くらい書き上がってますので、あと少しです(^^;)。
次作『天国へGO』(笑)、構想は練ってるんですけど、筆にするのがなかなか(^^;)。
こちらも暫しお待ちを~。

| エモ | 2009/07/30 23:26 | URI | ≫ EDIT

Ĺ?

エロスの匂いは鋭く嗅ぎつけるのねー、長老って(笑)。
まあ、そんな大したことは書けませんから、あんまり期待をしないように(^^;)。
ブログ再開おめでとう!
あとで遊びに行くよ~。

| エモ | 2009/07/30 23:32 | URI | ≫ EDIT

gabrieさま

ね、ね、美しいでしょ~?
分かっていただけて嬉しいです!
そしてレイラ派がここにもいたー(^o^)!
画像見る度に溜息出てます(笑)。

| エモ | 2009/07/30 23:35 | URI | ≫ EDIT

Re

綺麗な二人ですね!
DVDが出たら借りてみようかな~^^
『そりゃまた急な話だな』かw
実際そういう返しがきてくれれば
張り詰めていた心もほどけるんですけどね!

| イオ | 2009/08/02 09:03 | URI |

イオッチ

うん、これは是非DVDになって欲しいですね。
ビジュアルだけで十分価値はある(笑)!
そして、パパのこの台詞、なかなかナイスでしょ~!
あまりに予想外の台詞で、それでいて娘への愛が感じられて、
印象深かったんだよね。

| エモ | 2009/08/04 02:52 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。