PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

赤提灯

昨日久々に海の向こうのクライアントに行って来た、3週間ぶりにタマと再会。

IMG_0239_convert_20100126231454.jpg

「最近タマ、彼氏ができたんですよ~」
近所のノラと仲良しになったらしい。
昼間は裏山で一緒にじゃれ合い、夜は中に戻されてしまうので、そうすると窓の内側と外側でジーっと見つめ合ってるのだそうだ。
まるで『ロミオとジュリエット』のバルコニーの場面みたい♪

それにしても、あんなに『エモさんの乳』になついてたのに、コイツときたら。
「ねえ、その彼氏って間違いなくオスなの?」って聞きたかったけど聞けなかったなあ(^^;)。



話は変わって。

先週の金曜日、gabrieさんの彼女さんから「明日飲みませんか?」とのお誘いが来た。
こういう突発的お誘いは案外嬉しいものだ。
gabrieさんと彼女さんと私の3人はわりとご近所さんなので、こういうことも気軽にできる。
「なんかポジティブに飲みたい」気分だそうで、土曜の昼から「そんじゃ飲みますか!」ということになった、どこまでも酒好きな我々。
「Qさんが来られるなら、たまにはQさんちの近くで飲む?」というありがたいお申し出を受けて、ダメ元で聞いてみたら「なんとか行ける」という返事だった。
やったー!思わぬダブルデート♪
しかしこの面子じゃ『デート』と言うにはかなりかけ離れているような…『オヤジの宴会』と言ったほうが近いような気がする(笑)。

土曜日の昼過ぎ、最寄り駅で待ち合わせした3人は私鉄に揺られて恋人の住む町へ。
ちょっと歩けば住宅街だが、駅前は結構賑やかな繁華街。
しかも、恋人が『昼から飲める居酒屋』をしっかりチェックしていてくれたのだ。

前日、「明日どうする?」のやり取りの中で、「お店探しとくよ。おしゃれな店じゃなくてもいいんでしょ?」という恋人の問いに、「この面子におしゃれ度は必要ないでしょう(笑)」と即答した私。
期待通りのなかなかディープな店に連れてってくれた。

土曜日の午後2時半過ぎ、そのディープな居酒屋の店構えにワクワクする(笑)。
最近流行の妙におしゃれなチェーン系の居酒屋と違って、いかにもオヤジ好みの『赤提灯』といった風情。
外から覗くとお客は一人もいない、でも電気は点いてるからやってることは間違いないのだろうけど…。
「大丈夫だよ、さっき『やってますか?』って聞いたもん」
流石、幹事体質の我が恋人だけのことはある(笑)。

ガラガラと扉を開け「いいですか~?」と聞くと、オバチャンが「お食事?」と聞き返してきた。
「いえ…」
「あ、飲むんですね」
「ええ(^^;)」
いい歳をしたオンナが4人真っ昼間っから飲もうとしても、一向にたじろぐ様子のないオバチャン、私の母親くらいの年齢じゃないか?
もしかしたら私たち、『オヤジ』に見えたのかしら(笑)?

「どこでもお好きなとこどうぞ」
奥にちょっとした小上がりがあったのでそこを陣取った、だってこれから長期戦になるんだもん、どっしり腰を据えなければ(笑)。

「とりあえずビール」と言いたいところだけれど、流石に「ビールは寒いよねえ」と全員口を揃えて言う。
gabrieさんと我が恋人は熱燗、彼女さんと私は焼酎お湯割りでスタート。
スタートと言っても、結局最後までこれだったのだが…。

「Qさんは何時までに戻ればいいの?」
「6時半くらいまで平気だよ」
「分かった、先は長いんだからね、ゆっくり飲もう」
そう彼女さんが言う、ひぃ~!やっぱり4時間飲むつもりだ(笑)。



IMG_0229_convert_20100125204020.jpg
錆びた画鋲で留められた手書きのメニュー、ところどころ破れちゃいるがそんなこたあ気にしない。
そうそう、こういうのがいいのよねえ(笑)。



IMG_0228_convert_20100125203942.jpg
時間のかからないものと思って、まず『板わさ』を頼んだ、毒々しいまでのピンク色(^^;)。
4人で5枚だよ、誰が2枚食べたんだっけかな(笑)?
私が撮った写真をチェックしながら恋人が言う、「なんでお醤油どかさないのよ~?」
「や、だってこの醤油ビンも写したかったんだもん、懐かしいでしょ(^^;)?」



IMG_0230_convert_20100125204056.jpg
『刺盛り』はちゃーんと4切れずつにしてくれた。
私がカメラを構えるとgabrieさんも携帯を取り出した、2人であーだこーだ言いながら撮ってるからなかなか食べられない。
カメラのモニターを恋人に見せて恐る恐る聞く、「先生、今度はどうでしょうか?」
「オシボリとお猪口が写っちゃってるよ」
「ハハハ、ま、いーじゃん?気取らないとこ写したいんだから(^^;)」
「あとでトリミングしなよ」
…上手くできなかった(^^;)。



恋人が壁のメニューを見て『にんにくの丸揚げ』を注文した。
頼むとき、オバチャンと「一皿どれくらいの量ですか?」みたいな会話をしていた恋人。
「じゃ4人前」
で、出てきたのがコレ↓(笑)。
IMG_0231_convert_20100125204130.jpg
一人に丸ごと1個かよ~!!!(笑)
テーブルに置かれたとたん4人で大爆笑した。
「や、『ひとカケです』って言うからさー」
暫しの間全員皮むきに集中、そして食べました、全部(笑)。



IMG_0232_convert_20100125204200.jpg
にんにくに夢中になっていたら、早々と鍋の支度ができたらしい。
『カキ鍋』2人前、でもカキが見えない(^^;)。
この画像で見る限り、カキよりカニのほうが主役に思える…が、下にいっぱい隠れてました、よかった。

「先生、今度はどう?」
「ん、いいんじゃない?」
やっとOKがもらえた♪
だが撮ったのはここまで、この後はもう飲みに夢中でそれどころではなく…(^^;)。



どれだけ飲んだだろう、ジョッキを掲げては「お替りお願いしまーす」、徳利をフリフリしては「もう1本お願いしまーす」、何回繰り返したか覚えていない。
他愛もない話から仕事上の悩み相談まで、まあよく喋った喋った。
我々4人の場合、あまりLを意識した会話はしないほうだと思う。
オープンな店でも平気でいられるのは、そういう点にあるのかもしれない。

気がつけばもう6時過ぎ、窓の外も暗くなり、そろそろ恋人はタイムリミットだ。
それにしても「仕事だ」と言って出てきた恋人なのに、酒&にんにく臭プンプンで帰っても平気なのだろうか?と心配になる。
後で聞いたら、朝仕込んでおいたカレーのお蔭で誰も気づかなかったらしい、知能犯め(笑)。

駅までの道をフラフラ歩く。
改札まで見送ってくれた恋人が、いつまでも心配そうに見ていた。
来るときは「案外すぐだね」なんて言ってたのに、何故か帰りは数倍かかった(^^;)。
それもまた楽し、充実した一日だった。


↑よろしかったら一押しお願いします

| 日常 | 22:54 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

楽しそう!

タマ~タマや~い♪(にまにま)
相変わらずかわいいですこと!
しかし…いつのまに彼氏が!!
本当にオスなのか気になりますね。(笑)
真昼間からお酒、美味しかった事でしょう♪
エモッチのカメラテクもすごいじゃないですか~!
お刺身とおしぼり、好きです♪(笑)
にんにくにはびっくりです!

| てけ | 2010/01/28 18:49 | URI |

Re

にんにく、存在感ありすぎ(笑)
いいねぇ

| ふらら | 2010/01/29 12:39 | URI | ≫ EDIT

てけっち

タマったらいつの間にか色気づいちゃってさー、オバサン寂しいわ(笑)。
ホントにねえ、オスなのかしらねえ…?
昼間っから飲む、いや~これほど幸せなことはないね!(笑)
にんにくにはマジでビックリだったよ~(笑)。
しかも全員が食べてるから、臭いか臭くないか分かんないし(^^;)。
でもね、なんかパワーがついたような気がするよ。
ま、当分いいけどねー(笑)。

| エモ | 2010/01/30 18:19 | URI | ≫ EDIT

ふららちゃん

でしょ~?存在感あり過ぎだよね(笑)。
結構デカかったんだよ、しかも皮剥くのがまた大変で(^^;)。
でも中はホクホクで美味しかったよ♪

| エモ | 2010/01/30 18:22 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。