PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私のお気に入り その4・その5

3日前またしても布教活動、京都土産をL友に押し付けようと、無理やり集まってもらった。
コモレイ杏麗、しな吉、私…最近、何かというとこの面子でつるんでるなあ(^^;)。
杏ちゃん曰く、この顔ぶれは「どことなく妖怪ちっくでア○ムスファミリー」なのだそうだ、言い得て妙(笑)。



押し付けたブツはこれ↓、『私のお気に入り その4』、チリメン山椒『はれま』
l000043048_01.jpg

京都に行けばチリメン山椒なんていくらだって売られてるが、私はやっぱりこの『はれま』がいちばん美味しいと思う。
昔から父が好きでよく買ってきていた。
子供のころは山椒の実がダメで、地道に一粒々々除けていたものだが、いつのまにかそれを旨いと感じるようになった、酒の味を覚えたころからだろうか。

実のところ、東京の百貨店でも手に入るし、通販でも入手可能。
だが「京都のお土産だから」という理由でもないと布教できないので、せっせと新幹線で運んできたのだ。
「旨いもん」を見つけるとすぐ人に押し付けたくなる性質、これは完全に父親譲り。
父が生きてるころは「人にだって好みってもんがあるんだからさ~」と呆れていたが、父が亡くなった今、自分の中にそのクセが受け継がれていることに愕然とした。



ま、お土産を渡すのは一種の口実、ホントは会って喋るのが楽しいから召集をかけた。
みんな忙しいのに都合をつけてくれて、どうもありがとう。
そのくせ頼りない幹事だから、場所は二番煎じだし、集合場所に現れたのは最後だし、お会計はコモちゃん任せだし、どーもスミマセン(^^;)。
それにしても、あんだけ喋っても飽きないし、ネタ尽きないし、全然話し足りない気がするのはなんでかねえ?(笑)

この日どういう話の流れだったか、「エモの好みのタイプは?」と聞かれた。
「ん~…」答えに窮するなあ。
「じゃ、カワイイ系とキレイ系ならどっち?」
「ん~…」どっちって言われてもなあ。

基本的にストライクゾーンは広いんだと思う(笑)。
でも、それって好みというよりは「あ、それはムリ、ゴメンナサイ」の境界を表現しているに近い。
「好み」…「好み」ねえ…。
だいたいが「自分のことを棚に上げといてナニ言ってんだか」って思わなくもないのだが、そこを割り引いてもらえるとしたら…あっ、あった、好み!
つまり、「それを見ると思わずドキっとしちゃいますぅ♪」ってことで言うならば、

「着物の似合う女性!しかも玄人限定」

杏ちゃんがすかさず「杏ちゃん着付けできるよ」と言ったが、「ダメダメ、素人じゃダメなのよ(笑)」。

玄人、つ・ま・り。

佐久間良子 若尾文子
良家の奥様風じゃダメなの、これは「素人」。

かと言って…
岩下志麻 三田佳子
違う!違う!そっち系でもなくて(^^;)。

私が言ってる「玄人」ってーのはこっち↓。
太地喜和子 二宮さよ子
そうそう、芸者さんとか花柳界の方々、日舞や三味線のお師匠さんとか、そういうのに何故か惹かれる。
恐らくそれは私の生い立ちと多少の関連があるのだと思う、わりとそういう人たちと身近に関わる環境で育ったから。



年に一度、実家の母に頼まれて「長唄の会」の手伝いをすることがある。
そこに集まってくるお師匠さん方(意外と若い方もいるのよ!)、その景色の良さったらそりゃもう(笑)。
それが見たくて手伝いに行ってるようなもんだもん(^^;)。

なんていうのかなあ、着物の着方も如何にも着慣れてるし(ほんの僅かに衣紋抜き)、所作が違うのですよ、所作が。
そこに、なんとも言えない色気を感じる。
一遍、普段のお稽古場を覗いたとき、洋服姿のお師匠さん見てガッカリしちゃったことがあったなあ(笑)。
やっぱり着物を着ることによって、どっかスイッチが切り替わるんだろうね。

それと、ほのかにいい匂いがするのですよ、多分『匂い袋』。
以前「恋人の匂いにクラクラっときた」と書いたことがあったが、『和の薫り』に弱いというのはここでもやっぱりそうだった。
日本人としてのDNAがそう感じさせるのか、子供のころから慣れ親しんだ香りだからそう思うのかは分からないが、多分私にとって『和の薫り』というのは、「ネコにまたたび」並みの威力を発揮するらしい(笑)。



上の引き合いに出した6枚の画像、先の4枚は多分誰でも分かると思うけど、最後の2枚は知らない人もいるかもしれない。
図らずも文学座の女優二人を選ぶことになった、太地喜和子と二宮さよ子、好きだなあこの二人。
杉村春子が亡くなった今、太地喜和子が生きていたらどんな役者になっていただろうかと思わずにはいられない。

二宮さよ子、名前を聞いても「?」かもしれないが、これを見たら「ああ!」という方も多いのでは…。
201002211936455bb.png
五社英雄監督作品『吉原炎上』。
筆頭花魁の九重(二宮さよ子)が若汐(名取裕子)に郭の作法を仕込むシーンがある、当時話題になった。
このショットをパケ写に持ってくるくらいだから、制作側の力の入れようも分かるってもんだ(笑)。
だけどホントに美しかったですよ、このシーンは!

なんだか「好みのタイプ」から「好きな女優」の話にスライドしちゃってる気もするが、このまま話を進めると杉村春子はホントに好きな女優だった、女優というより役者と言ったほうが合ってるかもしれない。
舞台は6~7作観ていると思う、この人は有吉佐和子と縁深いけれど、『ふるあめりかに袖はぬらさじ』と『木瓜の花』を観れたのは今思えば幸運だった、どちらも芸者(元芸者)役、その所作がとにかく上手い。

杉村春子が亡くなって、その後暫くは「金を払っても舞台を観たい」役者というのはあまりいなくなった。
ところが、ところが!



ここからが『私のお気に入り その5』、今いちばんお気に入りの役者。

藤山直美
藤山直美、この人の舞台だったらいつだって観たい、観たい!というか、結構観てます(^^;)。

こんなこともやりました↓。
20100221213254a4f.jpg

この人の父、藤山寛美↓。
201002212135418e9.jpg

父と娘、そっくり(笑)。
20100221214515bee.jpg 20100221213253df2.jpg

大好きです、藤山直美。


↑よろしかったら一押しお願いします

| 私のお気に入り | 22:48 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ね・・・姉さま・・・。

「吉原炎上」子供ながら、大好きな映画でした!!当時、ビデオを何度も見たもん。
だから、二宮さよ子、分かります。
ついでに、藤山直美、もっと分かります(笑)
太地喜和子、杏も好きでした。
余貴美子も好き・・・あ、脱線した。
杏の家の、裏のお婆ちゃまが、日舞のお師匠さんで子供の頃お世話になってました。
玄人さんて、いくら動いても着崩れしないんだよねぇ~。
姉さまの好みは、色気と粋なセンスある大人の女性・・・???
姉さま、いつも美味しいお土産をありがとうございます。
また麗&杏と遊んでくださいね~☆

| 杏 | 2010/02/21 23:27 | URI |

Re

よーくわかりました。エモさんの好みのタイプ。
ムズカシイね。そこらにはいないタイプだもんね。
きっとQさんもそこらにはいない
“色気と粋なセンスある大人の女性”(←杏ちゃん借りたよっ)
お土産渡したいからとのお誘いが集会になって嬉しかったです。
毎日ご飯がすすんで困ってます(笑)ごちそうさまでした。

| コモ | 2010/02/22 01:03 | URI | ≫ EDIT

吉原炎上

わたくし、あのフィルムを何故か父親と観て、
物凄く、物凄く、居心地が悪かった想い出が・・・。
内容を知らなかったんだな。
エモの好みは「色気と粋」ですか。
じゃ、Q様の好みは?

| しな | 2010/02/22 09:05 | URI |

杏ちゃん

え!?分かんの?杏ちゃん?意外!
でも「子供ながら、大好きな映画でした!!」って、いったい何歳よ?マセガキめ(笑)。
余貴美子もいいねえ、Qも好きらしいです(^^)。
> 色気と粋なセンスある大人の女性
そうね、「色気」というか「艶やか」という表現のほうがいいかな~。
思わず「イイ女だねえ」って呟いてしまいそうになるような人(笑)。
うん、ものすごく惹かれます(^^;)。

| エモ | 2010/02/22 09:50 | URI | ≫ EDIT

コモちゃん

> ムズカシイね。そこらにはいないタイプだもんね。
そう!そうなのよ、なかなか見かけないの(笑)。
だけどコモちゃん、必ずしも現実は好み通りではないと思うよ(笑)。
Qはそういうタイプではないと思うし…(^^;)。
でもね、でもね、一遍でいいから着物姿見てみたい!
(で、脱がせたい…なんちゃって^^;)

| エモ | 2010/02/22 10:00 | URI | ≫ EDIT

しな吉

あれを親と観てたら…しかも父親でしょ?そりゃ居心地悪いよね~(笑)。
じゃ、改めて一人で観て下さい、いいから、すんごくいいから!
Qの好みは以前聞いたことがあります、忘れないように手帳に書いといた(^^;)。
「骨が太い、よく働く、性格が穏やか」なんだって(笑)。
私と全然違うじゃん!?

| エモ | 2010/02/22 10:12 | URI | ≫ EDIT

「吉原炎上」はいいですよねぇ・・・
確か私も母親か誰かと一緒に観たので、かぶりついて観れなかった記憶が・・・(笑)
また(ゆっくり一人で)観たくなりました。
エモさんを落とすには、匂い袋・・・ですね?メモメモ(笑)
あの、ち、ちなみに藤原直美さんは、そういう対象で・・・?
チリメン山椒、ホントに美味しいです!ごちそうさまでした!

| 麗 | 2010/02/23 19:25 | URI | ≫ EDIT

Re

お久しぶりです
また、よろしくお願いします
だいぶ、乗り遅れましたが「男脳度テスト」やってみました
最初のは100点、もういっちょが 9でした
自分では男脳度を意識した事無かったので
意外に高得点?で、ビックリしました(笑)
筋トレ始めてから前より男っぽくなったかも・・・
それから、「タジン鍋」買っちゃいました(だいぶ乗り遅れてます)
今、お料理開拓中です

| こむすび | 2010/02/24 06:18 | URI |

麗さん

じゃ、今度おひとりで思う存分「かぶりつき」で観てください(笑)。
私に『匂い袋』はかなり効果あると思いますが、あからさまなのはダメ!
私の嗅覚は結構鋭いので「ほのかにかほる」程度じゃないとダメです、なかなか難しいですよ~。
ところで「そういう」って「どういう」???
「ああいう」意味かしら~(^^;)?
だったら藤山直美(藤原じゃないよ)は全然OKです、無問題!

| エモ | 2010/02/24 07:59 | URI | ≫ EDIT

こむすびさま

おお~、アレやってみましたか!
こむすびさんも男脳寄りかあ…やっぱり結構いるんですねー。
お仲間が増えて心強いです(笑)。
タジン鍋如何です?
恋人はなかなか気に入ってくれたようです。
料理もできる男脳、いいじゃないですか!(笑)

| エモ | 2010/02/24 08:03 | URI | ≫ EDIT

Re

チリメン山椒『はれま』がおいしいんだね。
幼い頃、家にチリメン山椒が家の冷蔵庫にあったなぁ。
頂き物だったんだけど、この美味しさがわからなかったな。
今では、おいしいと思うお年頃。
エモリンのオススメ今度買ってこようっと。
 

| ふらら | 2010/02/25 22:37 | URI | ≫ EDIT

ふららちゃん

うんうん、私の中ではこれがいちばんオススメなの(^^)。
子供はやっぱり山椒は苦手よね~。
だからこれは「オ・ト・ナの味」なのです(笑)。
リンク先のHPに取扱百貨店リストが載ってるから参考にしてね。

| エモ | 2010/02/26 09:35 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。